ad-728

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ナンバープレートのデザインが変更に。アルファベットも導入され2017年から施行

Pocket
LINEで送る

ナンバープレートの図案が変更される模様。
これは国土交通省が2016年12月28日に発表したもので、右上の分類番号(3ケタ)にローマ字が導入される、という内容(ナンバーの枯渇が理由)。
加えて原付バイク同様に(形状までは変わらないものの)背景に図柄の入るナンバープレートが導入が決定しており、「ラグビーワールドカップ2019」や「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」との関連性を強めたナンバープレートが登場するそうです。

「希望制」か「強制」かは不明ですが、意にそぐわないデザインのナンバープレートを無理やり交付されるとしたらちょっとツライですね。

加えて検査標章も新しくなり、サイズが現行の3センチ角から4センチ角と大型化(一旦小さくなったのにまた大きく)。
「年」を位置で表すようにして直感的に期限をわかるようにするようです。

その他各種手続きについてインターネットで経由での申請ができる範囲を拡大し、継続検査、変更や移転登録もオンライン申請が可能に。
ぼくとしては(国交省の管轄ではないですが)車庫証明や運転免許証に関する手続きがオンラインでできるようになるといいのに、とは思います。

なおこれら施行日について、ナンバープレートのローマ字導入と検査標章の変更については2017/1/1(と言っても休みなので実際は発行できない?)、図柄入りナンバープレートの導入、オンライン申請拡大は2017/4/1。



-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, ,