ad-728

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ918スパイダーが5度目のリコール。アメリカでは販売した車ほぼすべてが対象の大規模な内容

2017/01/10

Pocket
LINEで送る

ポルシェ918スパイダーが5度目のリコール。
今回の対象は(アメリカで)306台とのことですが、これはアメリカで販売された918スパイダーの「ほとんど」で、これまで以上に大規模なものと言えそうです。

リコール内容としては「フロントサスペンション」に起因するもので、ロア・コントロール・アームにクラックが入る可能性があり、対応としてはこれを交換する、というもの。
ポルシェは比較的リコールが多いように感じますが、それは「918スパイダー」のリコール回数が多くニュースになりやすいためと思われ、実際の調査だとポルシェはリコール率も低く、その対応も優れる、という結果が出ていますね。

加えて、「事故になる前にリコール」という姿勢が徹底していると思われ、ポルシェは車両に起因する大きな事故が報じられないようには感じます。

これまでのポルシェ918スパイダーのリコール内容(いずれもアメリカ)は下記の通り。

1.ラジエターファン配線の取り回し(対象:205台)
2.リアアクスルのコントロールアーム(対象:17台)
3.シャシーコンポーネント強度不足(対象:228台)
4.シートベルト巻取り装置の不具合

関連投稿
北米でのリコール調査結果が発表に。ポルシェ、テスラが製品・対応ともに優れるという結果

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,