ad-728



>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati)

スーパーカーメーカーのCEOが異動することが多かった2016年。2017年は?

2017/01/08

Pocket
LINEで送る

2016年はスポーツカー/スーパーカーメーカーにとって変革の年であったようで、多くのブランドでCEOが変わったようです。
まずは我らがランボルギーニではステファン・ヴィンケルマン氏の異動に伴い前スクーデリア・フェラーリの代表、ステファノ・ドメニカリ氏がランボルギーニCEOに就任。

ステファン・ヴィンケルマン氏は10年もランボルギーニCEOを務めていたので異動があるのは当然として、「レース活動を行わない」というのが創業者フェルッチオ・ランボルギーニの意向であり、そのフェルッチオ生誕100周年の折に最大のライバルであるフェラーリから、しかもフェラーリF1チームのボスがランボルギーニのCEOになったというのはちょっと衝撃的でしたね。

一方でフェラーリもルカ・ディ・モンテゼーモロ氏の退任ののち、後任のアメデオ・フェリーザ氏を引き継ぐ形でセルジオ・マルキオンネ氏がフェラーリCEOに。
マセラティにおいても同様で、セルジオ・マルキオンネ氏がアルファロメオ共々CEOへと就任しており、FCAにおけるマルキオンネ氏の独裁体制が整ったと言っても良さそうです。

マクラーレンでは事実上ロン・デニス氏が解任され、後任は今のところ不明。
その他ベントレー/ブガッティCEOのウルフギャング・デュラハイマー氏、アストンマーテインのアンディ・パーマー氏、ロータスのジャン・マルク・ジェネ氏も任期が長くなってきており、そろそろ移動があるのではと噂されるところです。

その他にもルク・ドンカーヴォルケ氏始めベントレーのデザイナーが何人か現代に移籍したり、ワルター・デ・シルヴァ氏が退任したりと多くのデザイナーの異動があり、さらにはピニンファリーナがインドのマヒンドラに買収されたりとデザイン分野でも比較的大きな変動があった年と言って良いでしょうね。

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati)
-, , , ,