ad-728





>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

今日のランボルギーニ・ウラカン。教訓「洗車中は必ず携帯電話を持っておけ」

2017/01/06


今日のランボルギーニ・ウラカン。
実はちょっと危険な目にあったのですが、ぼくにとっても初めてのケース。
洗車後にフロントトランクからものを出し、さてフードを閉めようとした時にウエザーストリップの脇に枯葉が挟まっているのを発見し、その枯葉を拾ったわけですが、それと同時にフロントフードがガチャンと閉じて左手の指を挟まれるという事態に。

これは非常に微妙なタイミングで、フロントフードはダンパー式であるため通常は勝手に閉じることはなく、しかし今回は(枯葉を取る前に)フロントフードを閉めようとして半ば閉じかけている段階であり、枯葉を取っている間は「閉じかけ」の状態でフードを止めていたのですが、そのままフードの自重で勝手にフードが(止まった状態を保持できず)閉まってしまった、ということですね。

ただその際フードが降りてくる速度は「ゆっくり」で、ドアで言う所の「半ドア」状態でフードがロックされており、車体とフードとの隙間にはちょうど指が入るくらいの隙間があり、そこに指が挟まってしまったということになります。

それでも幸運だったのはその隙間とぼくの指の太さとちょうど同じくらいで、指が圧迫されることはなく、本当に「ぴったりと」収まったので痛くもなんともなく、骨に異常もなかったこと。

そんなわけでぼくは「ああ良かった」と思って指を隙間から抜こうとしたのですが、これが「抜けない」わけです。
あまりに指と隙間とがぴったりで、そしてそこから指を抜こうとすると関節が引っかかって指が抜けない状態に。

フードが閉じた時に怪我がなくて良かったと思ったのもつかの間で、さてどうするかとそこで考えたわけですね。
フロントフードは「半ドア状態」といえどもロックされており、フロントエンブレムの裏たりにあるラッチを操作しないと再度オープンさせることは不可能。
しかしながらぼくの指が挟まったのはフロントウインドウに近い位置で、どうやっても手を伸ばせない位置です。

他にフロントフードを開く方法は「車内から開ける」ですが、これもドアを開けてスイッチを操作するにはとても手が届かず(指が挟まったのは助手席側で、スイッチは運転席側)。
最後の方法はリモコンキーでのスイッチ操作ですが、洗車時にキーは車内に入れたままにしてあり、これも手が届かず。
一方指の方は縦にしても横にしても斜めにしても全く抜けず(二本の指が挟まっている)。

ヤバくないこれ?

とここで思い始めるのですが、携帯電話も車内に入れてあり外部と連絡を取ることも不可能(連絡を取れたとしても、こんなトラブルでエマージェンシーサービスを呼ぶのは恥ずかしい)。
ガレージの中なので周囲からも見えず、早朝なのでまず人が通るのを期待できませんし、通ったとしてもどうやってフロントフードを開けてくれと頼むか?などなど考えていたのですが、いい加減指を挟まれたままで立ちっぱなしなのにも疲れてきて、「やれやれ自分でなんとか抜くしかないな」と考えるわけです。

手が届くのはフロントタイヤくらいですが、ここでふと思ったのが、「洗車時に使用した洗剤がボディのどこかに残っているのでは」ということ。
その洗剤を挟まった指に塗れば、指をポンと抜くことができるのでは?と考えたのですね。
そしてホイールの中に手を突っ込み、ブレーキキャリパーあたりにちょっと残っていた泡のようなものを手探りで見つけてすくい上げ、そのまま挟まっている指に塗って無事に指を抜くことができたわけですが、教訓として「洗車中でも何があるかわからないので、携帯電話だけは常に持っておこう」とかたく胸に誓った出来事ではありました。

たぶん文章にしても全然その事情がわからないと思うので、その様子を再現して画像に収めようと思ったものの、あの恐怖だけは二度と味わいたくはなく、安全を確保した状態であってもあの状況には陥りたくない、と思わせるほどのトラウマとなっています。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, ,