ad-728

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

とりあえず燃やして抗議。今年は650台が燃えた、フランスの大晦日には「車を燃やす」という奇妙な習慣

Pocket
LINEで送る

フランスは一種独特な習慣がある国ですが、「大晦日に車を燃やす」という伝統がある模様。
これは貧困層が住む地域において、1990年代から抗議の一環として行われるようになったものだそうですが、昨年は602台、今年は650台が燃やされた、とのこと。

もちろんフランス政府はこれに対してよく思っておらず、454人が逮捕され、うち301人が実際に罪に問われている、とのこと。
フランスは移民が多く、移民そのものが起こす問題や、移民に職を奪われたフランス人の起こす抗議などがあり、その国のイメージに反して過激な行動が見られることが多いようです。

なおフランス人は講義する際に「燃やす」のが好きなようですが、「ポンヌフの恋人」でも大道芸人が火を吹いていたのが印象的で、「注目を集めるには火がいちばん」と考えているのかもしれませんね。

関連投稿
なぜフランス人はすぐ燃やすのか。パリのデモ隊がポルシェ911に放火
パリのタクシードライバーがUBERに激怒。抗議のため道路を封鎖する

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , ,