ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >その他他ドイツ車

【まとめ】どんなものがある?メーカー/デザイナーによる未来系コンセプト/レンダリング

2017/08/17

BMWが奇っ怪な未来的コンセプトカー発表。車内に植樹、車体は木製

BMWがラスベガスにて開催中のCESにて、奇っ怪なコンセプトカー、「i インサイド・フューチャー・スカルプチャー・コンセプト」発表。
パっと見ると車体後部が木でできていたり、車の中に本棚?があったりコケのようなものが生えていたり、とまるで「部屋の中」。
加えてこのコンセプトカーはBMW「ホロアクティブ・タッチ」、つまりホログラム式の操作系を持っていることが特徴。

ホログラムによるインターフェースというと、先ごろ発表されたレクサスUXコンセプトを思い浮かべますが、BMWの場合はもうちょっと進んでいて、カーナビゲーションシステム、インフォテイメントシステム、その他操作を行うことができる模様。

おそらくこのコンセプトカーのメインは「インターフェース」で、そのため外側は「飾り」に近いと思われますが、細いタイヤや線状のテールランプはなかなかにユニークですね。

ホログラムによる操作系は今後どんどん発展し実用化されると思いますが、振動や動きのある「車内」においては押し(触れ)間違いなど出るのではと心配したりして、そのあたりどう解決するのかはちょっと気になるところ(間違ってもあまり影響のない部分からホログラム化するのかもしれない)。



未来のAMGハイパーカーはこうなる?デザイナーがコンセプトカーを提案

デジタル・アーティスト、Alex Imnadze氏が「未来のAMGハイパーカー」を提案。
すでにAMGが公開しているR50(仮)のイメージを踏襲したものですが、これと「メルセデス・ベンツ・ヴィジョン・トーキョー」を掛け合わせたような感じですね。

関連投稿
メルセデス・ベンツ・ヴィジョン・トーキョーを見てきた。その未来的なルックスを画像にて

なお画像にある「I WANT TO BELIEVE」はX-fileのテーマ。 

なお、このアーティストは他にジャガー、ポルシェ、フェラーリ、アルファロメオ、ブガッティ、ランボルギーニにおいても独自の解釈に基づいたデザインを公開していますが、いずれも現行モデルやメーカーの発表したコンセプトカーをベースにしており、メーカーの意思を尊重するタイプのように思えます。



シボレーが超未来的なコンセプトカー「FNR」を発表。デザインは上海

Chevrolet-FNR-Concept-2

シボレーが「未来のモビリティ」をイメージしたコンセプトカー、FNRを上海にて発表。
久しぶりに見たコンセプトカーっぽいコンセプトカーだと思います。

なお、開発はGMのアジア・テクニカル・センター(上海)で行われたとのこと。
EVになりますが、ワイヤレス・オートチャージ・チャージシステム、ハブレスモーターなどを装備しているようです。

Chevrolet-FNR-Concept-5

Chevrolet-FNR-Concept-7

Chevrolet-FNR-Concept-3

Chevrolet-FNR-Concept-9

Chevrolet-FNR-Concept-11

アキュラが「プレシジョン・コンセプト」発表。これが未来のホンダ/アキュラだ

Acura Precision Concept 2016 - Front 3-4

デトロイト・モーターショーにてアキュラ・プレシジョンコンセプトが発表に。
形状は4ドアクーペで全長518センチ、幅213センチと巨大。
一方高さは132センチとかなり低い車です。
アキュラのカリフォルニア・デザインセンターで企画された車であり、現在あまり評判の良くない5角形グリルにとってかわる新しいデザインを示しているとされます。

なおヘッドライトの内側は宝石を散りばめたようなラメっぽいデザインと光り方で、アキュラはこれを「ジュエル・コンステレーション」と呼ぶ模様。

内装においてもセンターに大きなディスプレイを配置するなど、大きく変化のあるものですね。

なおアキュラとホンダの関係は「トヨタとレクサス」ほどの明確な線引が無いようにも見え、双方でのデザインや車種の共通性がトヨタ-レクサスよりも高いように思います。

Acura Precision Concept 2016 - Rear 3-4

Acura Precison Concept 2016 - Profile

これが未来の内装だ。オペルGTコンセプト「ボタンの無いインテリア」

World premiere in Geneva: The Opel GT Concept shows a visionary interior.

World premiere in Geneva: The Opel GT Concept shows a visionary interior.

先ごろ革新的なデザインで登場したオペルGTコンセプトですが、その内装についてもやはり先進性を持っているようです。

デザインとしてはかつてのオペル(1960-1970年代のオペルGT)を踏襲しながらもシンプルさを極めていますが、ヒューマン・マシン・インターフェースについてこだわったのも特徴で、ボタンを排除してタッチパネルを採用したほか、設定によって「どこをどう触ったらどう反応するか」をドライバーに合わせて変化させることができる模様。

ここ最近は急激にこういった「車とドライバーとの関係」にかかわるテクノロジーが発達していますが、これらも自動運転とそれに関する技術の流用があると思われ、自動運転は色々な意味で自動車の発展に貢献しそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >その他他ドイツ車
-, , , , ,