ad-728

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

早く発売して・・・。VWがマイクロバスのコンセプトカーを化粧直しして発表

Pocket
LINEで送る

フォルクスワーゲンがデトロイト・モーターショーでお披露目を行うVWマイクロバスっぽいモデル、「I.D. Buzzコンセプト」を公開。
昨年の「BUDD-eコンセプト」をさらに発展させたものと考えて良さそうですが、VWバスの新型については相当昔から発売の噂があるものの、一向に市販化される気配はなし。

現在VWは財政が厳しく、一定の販売台数を確保できないモデルについては容赦なく切り捨てており、ビートルもその対象に。
そうなるとVWはアイコンとなるモデルをひとつ失うことになりますし、ここでVWマイクロバスを発売すれば(他の車種とも競合せず)大きな話題になるのに、といつも思うわけですね。
さらにはVWマイクロバスは他のブランドが持ちえない、VW特有の「資産」でもあり、危機から回復するには逆にこれを活用しない手はないだろう、とも考えます。

今回発表されたBuzzコンセプトは「EV、自動運転」という時代にキーワードを備えたコンセプトカーですが、111kWhのバッテリーにてフロントに配置されたモーターを駆動。
出力は369馬力、0-100キロ加速は5秒とされるので相当な俊足です(BMW i3は7秒以上かかる)。
一方で航続可能距離は400キロ以上とされ、実用性も非常に高いと言えますね。

バッテリーの充電については80パーセントを30分で充電可能としており(この辺りはポルシェのターボ・チャージング・システムの技術を流用しているのかも)、プラットフォームはMEB、実際に市販するモデルは83kWh、268馬力にデチューン(コストの関係と思われる)されるだろう、と発言しています。

なお昨年のパリ・モーターショーにて発表されたI.D.コンセプトと関連付けたオフィシャルフォトも公開されており、VWは「I.D.」をEVもしくは自動運転を備えた車の呼称として与える、もしくはサブブランド化する意図があるのでしょうね。

Buzzコンセプトについては2025年の市販化を目指して開発が進められており、発売に暁には「世界で最初の完全自動運転機能を持つマルチパーパス・ビークルになるだろう」とのことですが、正直言うと「自動運転はなくてもいいので、すぐに発売して」という感じです。
なお市販時にはレーザーセンサー、超音波センサー、レーダーセンサー、各種カメラを備える模様。

BUDDE-eコンセプトからヘッドライトなど一部デザインが変更されていますが、これも「I.D.」の名を冠するモデル間で統一されることになりそうですね。



->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,