ad-728

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニが2016年も販売増加。初めて3400台を超え6年連続で成長

Pocket
LINEで送る

This and many more photos of Lamborghinis are available on www.LamboCARS.com

ランボルギーニが当然のごとく2016年における販売記録を更新。
2015年比で7%販売が増加し、2016年には3457台を販売したとのことですが、ランボルギーニが3400台の販売を超えるのは初めてだそうです。
加えて6年連続で販売を増加させていることに。

これには新CEO、ステファノ・ドメニカリ氏も満足で、「継続して製品を投入しプロモーションを戦略的に行ってきた結果」とし、さらにはスポーツカーレンジにおける新型車のほか、「第3のランボルギーニ(ウルス)の発売も控えている」語るなど、まだまだ販売を伸ばせると意気込みを述べています。

現在ランボルギーニは50の国で135のディーラーを抱えるに至り、3つの主なマーケットでバランスよく販売しているのが特徴。
「3つの」マーケットとはEMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)/アメリカ/アジアパシフィックであり、マクラーレンのように特定市場に依存していない販売状況となっています。

それでもやはりアメリカは最大の市場であり2016年には1041台を販売。
次いで日本、イギリス、ドイツ、カナダ、中東、そして中国となっているようですが、これを見ると日本は「2番目」の市場とも理解できますね。
かつ、中国が「7番目」というのも興味深く、ポルシェやフェラーリのように中国の比率がさほど大きくないところはちょっと驚き。

車種別だとウラカンが2353台、アヴェンタドールが1104台。
アヴェンタドールは2015年の1003台から販売が増加しており、すでに累計で6000台を生産しているようですね。
ステファノ・ドメニカリCEOはランボルギーニにおけるスーパーカーについて、「3500台に生産を絞る」としており、これからの成長はウルスが担うことになるのだと思われます。

なお下記がランボルギーニにおける2005年から現在までの販売台数。

2005年 1600台
2006年 2087台
2007年 2580台
2008年 2430台 ※リーマンショック
2009年 1600台くらい? 
2010年 1302台
2011年 1602台 ※アヴェンタドール発売
2012年 2083台
2013年 2121台
2014年 2530台 ※ウラカン発売
2015年 3245台
2016年 3457台



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , , ,