>アウディ(Audi)

不正事件の影響でお蔵入りのアウディTTスポーツバック復活?A3の4ドアクーペとして登場か

投稿日:2017/02/07 更新日:

アウディが2019年に「A3 4ドアクーペ」を発売するのでは、というウワサ。
メディア報じるところによると、2014年に公開された「TTスポーツバック・コンセプト」に近いデザインを持つとされており、登場間近まで行きながらもVWディーゼル不正事件でお蔵入りとなったTTスポーツバックがここで復活するのかもしれません(ただし名称はA3?)。

なおアウディはSUVハッピーな会社で、Q2からQ7までSUVを大小そろえていますが、まだラインアップとして不足があるのが「クーペSUV」「オープンSUV」「4ドアクーペ」。
4ドアクーペについては「スポーツバック」が一部シリーズには存在しますが、A3には存在しておらず、ここでライバルにも差をつけるのかもしれません(このセグメントではほかメーカーも4ドアクーペを持っていない)。

ただ、4ドアクーペというのはある程度の車体サイズがあってこそ初めてデザイン的に成り立つものだとも思われ、「寸足らず」なクーペは格好悪いだけなので、このあたりアウディがどう処理を行うのかは見もの。
ただしTTスポーツバック・コンセプト同様のデザインであればその点は十分クリアできそうです。

仮に登場するとなると次期A3と同じMQBプラットフォームを使用することになり、大幅な軽量化を達成するようですね。

VIA:Motor1

関連投稿:アウディは新型A3、Q4の計画を先送り。特にQ4(TTオフロード)は2021年以降の登場

Audi-TT-Offroad-Concept-0

アウディはVWのディーゼル不正事件の影響にて、新型A3とQ4の計画を後回しにする模様。
Q4は「TTオフロード・コンセプト」の市販モデルとされていましたが、これは一旦ディーゼルゲート発覚ののちに棚上げにされ、今回さらに先送りにされた、ということになりますね。
なお、今回報道される内容では「資金的な問題」というよりはディーゼルエンジンのソフトウェア問題を修正するためにエンジニアを総動員しており、そのために開発リソースがない、とのこと。

A3については昨年にフェイスリフトを実施しS3も投入済みですが、このまましばらく継続されそうで、Q4については2021年あたりの登場予定。
アウディは「TT」ブランドを拡大したいと考えており、新型TTに用意される「クーペ」「ロードスター」以外のバリエーションを追加の予定で、これが5ドアハッチバックの「TTオフロードコンセプト=Q4」であったわけですが、登場が遅れるのはちょっと残念です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アウディ(Audi)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.