ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

2016年世界販売はトヨタが首位陥落。14万台差でフォルクスワーゲンが世界一に輝く

Pocket
LINEで送る

トヨタが1月30日に発表した統計によると、2016年の自動車世界販売台数において、トヨタは「首位陥落」。
かわっての一位はもちろんVWのとなりますが、VWのはディーゼル不正事件があったにもかかわらず、圧倒的な強さを見せたことになりますね。
なおVWが落ち込んでほかブランド(アウディ、ポルシェなど)がその分をカバーしたというのではなく、フォルクスワーゲンブランド自体も+2.8%となっており、実際のところディーゼルゲートの影響は「今年はなかった」模様。

具体的な数字だと、トヨタ自動車はダイハツも含めてグローバル販売10,175,000台(+0.2%)。
一方でVWは10,312,000台(+3.8%)とその差137,000台となっています。
昨年だとトヨタがVWはを22万台超えて世界一位の座に輝いたのですが、毎年熾烈な争いが繰り広げられているということになりますね。

なお、トヨタとVWはとの差はそのままズバリ「北米と中国」の差。
北米市場においてはトヨタが強く(245万台)、VWが弱い(32万台)状況。
逆に中国ではVWがが強く(398万台)、トヨタが弱い(212万台)、というのが現状です。

ただ、中国市場においても2016年のトヨタは「過去最高」だったにもかかわらず、VWのほうがもっと伸びた、ということですね。
加えて原油が安くなったために北米で「大きな車志向」が復活したために燃費に優れるトヨタ車が売れなくなり、北米でトヨタが販売を伸ばせなかった(-0.2%)のが今回の「トヨタ首位陥落」の大きな理由であるようです。

関連投稿
2016年、北米で販売を伸ばした車/落とした車のランキング。SUVが強くセダンが弱い
ヒュンダイが世界で486万台を販売→全自動車メーカー販売台数を調査→なんと世界第5位だった件

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,