ad-728

>ブガッティ(BUGATTI) >その他イタリア車 >その他イギリス車

これが16気筒エンジンを搭載する車トップ9。その勇姿とサウンドを動画にて

2017/02/09

Pocket
LINEで送る

「世界中の16気筒エンジンを搭載する車」という動画が公開に。
16気筒というとブガッティ・ヴェイロン/シロン、チゼタV16T程度しか思いつかず、9台もあったかなと考えたものの、動画を作成するからにはやはり9台が勢ぞろい。
いずれもエンジンをかけたり走行したりする様子が収められており、16気筒の咆哮を堪能できる動画となっています。

トップバッターは上の画像、DEVEL Sixteen。
そういえばこんなのあったな、という車。
12.3リッター、V16クワッドターボ、0-100キロ加速1.6秒(1.6秒ですよ!)、最高速度350km/hというトンデモスペックの車です。
完全に構想だけのモックかと思っていたのですが、動画では実際に走行し、凶暴なサウンドを披露。

関連投稿
よくわからない中東のスーパーカー、Devel16が4515馬力を記録した件

キャデラック・シックスティーン。
13.6リッターV16、1000馬力というスペック。
意外とタイヤが細く、1000馬力を受け止めることができるのかどうかはちょっと心配ですね(直径が大きすぎて細く見えるだけで、じつは十分な太さがあるのかも)。

ブリティッシュ・レーシング・モータースV16。
これは全く存在を知らなかったのですが、14.9リッターで550馬力。
馬力こそは低いですが、最高出力は発揮するのはなんと12500回転という、大排気量エンジンらしからぬ高回転型(小排気量でもこんなエンジンはちょっと無い)。
名前からしてイギリスの車のようですが、イギリス人は基本的に「車とバイクとの差は”タイヤの数だけ”」と考えているフシがあり、バイクみたいな車を作る傾向がありますね。

ブガッティ・ヴェイロン。
8リッターW16、クワッドターボで1001馬力。
16気筒としては世界で最も販売台数が多い車かもしれません。

チゼタV16T。
これは非常に有名で、6リッター552馬力というスペック。
今ではあまりインパクトのある数字ではありませんが、当時は衝撃的でしたね。

Marmon16。
全く知らなかった車ですが、スペックは不明のようですね。
全容も見えず、しかし推測するにホットロッドのような車で、フレームにエンジンとシート、メーターを取り付け、サスペンションとタイヤ/ホイールを付けただけのような車に見えます。
今回の動画の中ではもっとも狂気を感じさせる一台と言って良いでしょう。

ブガッティ・シロン。
8リッターW16、1500馬力という強力なスペック。
洗練されて見えますがサウンドは凶暴です。

これを出してくるのは反則な、アウトウニオン・タイプC。
6リッターV16、520馬力。
アウディの前身となる会社の車ですが、そのサウンドは今回登場したメンツの中ではもっとも迫力があります(パワーウエイトレシオも最強かもしれない)。

マセラティV4。
これも存在を知らなかった車ですが、4リッターV16、280馬力とのこと。
おそらくロードカーと思われ、当時として相当に強力なスペックだったことが想像できます。

->ブガッティ(BUGATTI), >その他イタリア車, >その他イギリス車
-, , , , ,