ad-728





>ポルシェ911関連 ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

次世代ポルシェ911が目撃に。テールランプは衝撃デザインに変更


次世代ポルシェ911と見られるプロトタイプが目撃に。
一見すると991.2のようにも見えますが、細部を見ると現行モデルとは異なる部分も多く、ヘッドライトからフロントバンパー、リアバンパーとテールランプ付近には「パネルを貼り付けて991.2風に」偽装している様子もわかります。

なおボディは現行モデルに比べると「幅広」に見え、サイズが大きく拡大する可能性もありますね。
現在は911カレラでは標準ボディ、4WD/ターボ系になるとワイドボディという感じで二種類の幅がラインアップされていますが、もしかするとこれも「全車統一」の可能性も。

リアにおいてはデザインが大きく変更され、テールランプは「ミッションE」風の横長タイプに。
現行911ではテールランプこそ左右分割型であるものの、その間には「段差」が設けられてテールランプ上部左右と中間とをつなぐようなデザインとなっており、これは新型パナメーラでもさらに進化した形で採用され、おそらくは新型カイエンでも同様のデザインが与えられると思われます。

下の画像はミッションE、新型パナメーラ、現行911ですが、現行911→ミッションEコンセプト→新型パナメーラ→新型911→ミッションE市販モデル、という感じでテールランプが変遷する、という流れになりますね(4WD系911には伝統的に左右テールランプをつなぐガーニッシュが入っており、より連続性が強調されている)。
そう考えると非常に長いスパンでデザインを変遷させるという壮大なポルシェの計画も理解でき(ミッションEのテールランプは新型911への採用が決まっていたことになる)、改めてその計画性については驚くばかり。
特にポルシェというか911の場合、そのデザインが「確立されすぎて」おり、急にデザインを変えることができない、という理由も影響しているのかもしれません。

加えてこのスパイフォトを見るとリアスポイラーが現行に比べて大きな面積で開くようになっており、これも大きくイメージが変わりそうな変更。

なお、このテールランプは現在ポルシェと同じグループに属するブガッティの新型車「シロン」に似ており、もしかするとこの技術を使用し、シロンのように「一本のバー状テールランプの中でウインカー、テールランプ、ポジションランプの機能を兼ねる」のかもしれません(992プロトタイプにはウインカーが別に存在しないので、まずそうなるのは間違いなさそう)。

このプロトタイプは非常に完成度が高く、偽装の下には「市販モデルに近い」ボディがあるようにも見えますが、現在のところ2018年に発表され、2019年モデルとして2018年末からデリバリーされる、とみられています。
この画像を見る限りは「リアエンジン」を継続するようで、レーシングカーの911RSRのようにミドシップに変更されるわけではなさそう(ただしハイブリッドが追加される可能性は高い)。

一方でミッションEは2019年に発表と推測されますが、この新型911とのデザイン的共通性を持たせることで、ミッションEを無理なく「ポルシェファミリー」に溶け込ませるという計画なのでしょうね。
雰囲気的には現行911よりもロー&ワイドに見え、ヘッドライトの角度もより「寝て」おり、フロントウインドウの角度も同様に寝かせたデザインとすることで「スーパーカーっぽい」ルックスに近づいているようにも思えます。

もちろんこれらはすべて「ずっと前から計画されていたこと」であるはずで、そう考えると「ミッションE」は「未来の911」を示唆していた、と今になって気付かされます。

->ポルシェ911関連, ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,