ad-728





■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >マツダ(MAZDA)

新型マツダCX-5が好調な発進。月販目標の3.8倍を受注し上位グレードに人気集中

発売されたばかりのマツダCX-5の予約受注が好調、とのこと。
発表は2016/12/15、発売は2017/2/2ですが、1月末までの予約受注が9,055台となったそうです。
なおCX-5の月間販売計画は2,400なので、3.8倍ということになりますね。

この「2,400台」というのはおそらくSUVだと国内で6~7番手くらいの位置になるかと思われます。
こちらは2016年12月の国内におけるSUVの登録状況ですが、5位のフォレスターで3,299台。

グレード別だと本革シート採用の最上位グレード「Lパッケージ」が49%、安全装備が充実した「PROACTIVE」が47%。
ボディカラーではやはり最新カラーかつイメージカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」が31%に。

これを見てもやはり、マツダの顧客は上質を求める傾向があり、追加費用を支払っても本皮内装や特別塗装色を選ぶということは「こだわり」があって、しかもマツダのコンセプトに共感している、と推測することができますね。
加えてマツダはブランディングに長けており、ロイヤルカスタマー育成においてもほかメーカーより一歩抜きん出ている、と感じています。

関連投稿
新型マツダCX-5を見てきた。ロングノーズ化+各部の造形が複雑化し高級な印象

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等, >マツダ(MAZDA)
-, ,