ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW M2CSとみられるプロトタイプ走行中。DCTクーラーがM3/4と同じものへ

2017/08/08

BMW M2CSとみられるプロトタイプは冬季テスト中。
BMWは「M2CS」については発売を言及しているわけではありませんが、このスパイフォトについて、「DCTクーラーの位置がM3/4の位置と同じに変更されている」と指摘されており(よくそこまで見つける人がいるものだと思う)、これはつまり「M3/4と同じエンジンを搭載する」のでは、と考えられています。

現行M2、M3/4とも同じ3リッター6気筒ターボですが、M2は「シングル(ですがツインスクロール)ターボ」、M3/4は「ツインターボ」。
これによって出力や発熱に差が出ることになり、しかしDCTクーラーがM3/4と同じになるということはコンポーネントもM3/4と同じになるのでは、ということのようですね。

なお現在M2の出力は365馬力ですが、おそらくはM3/4の400馬力を超えない範囲には設定されると思われます(それでも重量が軽いのでパフォーマンス的にはM3/4を超えそう)。

実際に発売されるとなるとサーキットに特化した装備などを有しそうですが、もちろん価格も「それなり」となるはずで、M4CSが2000万円弱であったことを考えると、1500万円あたりには設定されそうな感じですね。

VIA:CARSCOOPS

関連投稿:BMW M2にCLS設定?一瞬本物かと思わせるほどのレンダリングが公開

BMWはM2にハイパフォーマンスバージョンを設定すると言われるものの、そのモデル名やスペックについては未だ不明(M2"GTS”としての登場が濃厚)。
そこでBMWファンのMonholo Oumar氏が「M2 CSL」のレンダリングを作成し公開していますが、これが相当に気合の入った内容で、一見すると「本当にBMWが発表した新型車」のような出来栄えとなっています。

これによると前後フェンダーは大きく張り出し、カーボン製のエアロパーツ、リアウイングを装着。
室内はロールケージを装備しており、ロードカーというよりは「サーキット専用モデル」。

とくに室内の再現度、出来栄えは秀逸で、ゴールドのロールケージやレッドのメーターがヤル気を感じさせます。

なおBMWにおいてはこれまで「スポーツモデルといえども「カーボンパーツが付与されシートのステッチがMカラーになる」程度の地味な変更ですが、メーターがレッドになるとずいぶん雰囲気が変わりますね(今後は新型5シリーズ同様、デジタルメーターの採用で、ドライブモードに応じた視覚的変更が拡大採用されるとは思われる)。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,