ad-728

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニのレストア部門が「最初にレストアを行った」350GTを公開

2017/02/20

Pocket
LINEで送る

ランボルギーニがそのクラシックカーレストア部門「ポロストリコ」でレストアを行った350GTをパリで展示。
これはシャシーナンバー0121で、ポロストリコがレストアを行った「第1号」とのこと(350GTはランボルギーニ最初の市販車)。

ボディとインテリアのレストアには述べ1150時間がかけられたとのことですが、さらにレストア後には780時間をかけてその完成度をチェックしているそうです。
ポロストリコでは「可能な限りオリジナルに忠実に」レストアすること目的としており、純正パーツの使用はもちろん、純正パーツがなければそれをワンオフで作ることも。

この350GTについては主にエンジン冷却系、ブレーキ、燃料ラインのレストア、内装のレストアが行われたとのことですが、レストアについては車を預ける期間が長く、かかる人件費、パーツ代、作業の難易度を考えると「相当な額」となりそうですね。

VIA:CARSCOOPS

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , ,