>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

未来派から世紀末まで。ランボルギーニ・カウンタックやミウラの「もしも」系レンダリング9連発

クラシックランボルギーニは「IF系カスタム」の格好の標的 さて、山のように出てくる「もしも」系レンダリングですが、やはり人気なのは「過去のアイコニックなモデル」をオマージュしたもの。それらの中には、過去のモデルをそのままモディファイしたもの、はたまた現代風に解釈したもの、もしくは未来にまで行ってしまったものなどがあるようです。ここで、そういった「もしも」系レンダリングにはどんなものがあるのかを見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ・ミウラが現代に蘇ったら。デザイナーがレンダリングを公開 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルとトヨタがミドシップスポーツを共同開発?スバルはこれをBRZ、トヨタはMR2とし、次期86はロードスターと共通になると予想

スバルのミドシップスポーツは基本的に「ない」と考えるその理由 レスポンスによると、トヨタとスバルとが共同にてミドシップスポーツカーを開発の可能性がある、とのこと。もともとはスバルがミドシップスポーツカーを開発するというウワサに対し、「スバル単独でこれを開発するのは難しく、トヨタがこれに参加し、トヨタ側ではMR2としてこれを販売するのでは、という見解を示したもの。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

新型シボレー・コルベットはデトロイト・モーターショーでの発表ナシ?登場がまた遠のく可能性も

すでにプロトタイプが頻繁に見られるものの、発表はまだまだ? 新型シボレー・コルベットについてはウワサが絶えず、これまでにも価格やグレード、発売時期、エンジンについての話題が登場。さらには様々な予想レンダリング、キーの画像までネット上に登場し、「発表までカウントダウン状態か」というのが現状です。そして2019年1月に開催されるデトロイト・モーターショーにて新型コルベットが発表されるだろうというのが最近の定説でしたが、最新のウワサでは「デトロイト・モーターショーでは新型コルベットは発表されない」と言われている ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】これがブガッティの本社だ!まるで城のような外観、昔ながらの工場をユーチューバーが紹介

| ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティ・シロンの製造現場へ | 人気ユーチューバー、Shmee150氏がブガッティの本社へを訪問。 ブガッティはフランスの自動車メーカーで、その本拠地は「モルスハイム」。 なお、最近SHmee150氏は本名の「ティム・バートン」を前面に押し出すことが多くなり、本名での活動に切り替えるのかもしれませんね。 ちなみにパープル系の衣類を好んで着用していますが、これも「セルフブランディング」のひとつなのかもしれません(ジャケットはShmee150氏のオリジナル)。 こち ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディQ4発売が近いとのウワサ。TTっぽいルックスの高級クーペSUVとなり、PHEVも投入か

| アウディはQ4を高級クーペSUVとして投入するとのウワサ | アウディQ4の発表が近い、との報道。 アウディはブランド初のクーペSUV「Q8」を今年発表したとことですが、Q4はそれに続くクーペSUV、ということに。 ただ、メルセデス・ベンツがGLCクーペ/GLEクーペというラインアップを持ち、BMWがX4/X6を発売していたのに対し、アウディはSUV大好きなメーカーであるにも関わらず、これまで「クーペSUVのラインアップはゼロ」。 こちらもオススメ、関連投稿 アウディ「Q8」のプロトタイプが走行中。後 ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ロータス(Lotus) ■ニュース

【動画】アルファロメオ4Cがブッチギリ!ロータス・エキシージ、BMW M2との加速競争で「軽さ」の威力を見せつける

| アルファロメオ4Cがこうやってドラッグレース動画に登場するのは初めて? | アルファロメオ4C、ロータス・エキシージがドラッグレースにて対決するという珍しい動画が公開に。 動画は二本立てとなっていて、前半はBMW M2(MT)/BMW M2(DCT)/BMW M2コンペティションとが対決(こちらも相当に珍しい)。 その後にM2シリーズの覇者となったM2コンペティションを交え、合うrファロメオ4Cとロータス・エキシージとが勝負するという構成です。 こちらもオススメ、関連投稿 BMW M2/M4/M5/M ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW 8シリーズ・グランクーペのプロトタイプ再び。地味目のバンパーを装着する”エントリーモデル”か?

キャビンは大きく、しかし8シリーズクーペとは異なる雰囲気に BMW8シリーズ「グランクーペ」のプロトタイプが目撃に。BMWはすでに8シリーズクーペ(G14)、8シリーズ・カブリオレ(G15)を発表し、残す8シリーズは「グランクーペ(G16)」とM8(クーペ/コンバーチブル)のみ。 そして8シリーズ・グランクーペのプロトタイプは先日初めて目撃されたところですが、今回捕捉されたのはそのプロトタイプとは異なり、「ベースグレード」のようですね。 この記事のあとによく読まれている投稿

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ガヤルドにリコール。「エラー記録がエンジンオフのたびに消えてエラーが出ていることがわからなくなる」

ランボルギーニはもともとリコールが非常に少ない車だが Lamborghini gallardo 今回のリコールはアメリカ国内にて届け出られたもので、2010年6月23日から2013年11月20日の間に製造され、かつアメリカに輸入された1,152台のみが対象となります。 その内容としてはECUのプログラムに不具合があり、エンジンをオフにする都度エラー記録が消えてしまい、よって「エラーが出ていたことに気づかず」に運転することで事故の可能性がある、とのこと。「事故の可能性」についてはどこにエラーが出るかによって ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型スープラ「米国納車第一号」が競売へ。ボディカラーはマットグレー、ホイールはブラック、ミラーはレッド

トヨタが公式に新型スープラをオークションへ出品。画像も公開 トヨタUSAが新型スープラの発売にあわせ、2019年1月19日にアリゾナにて開催されるオークション(バレットジャクソン主催)にて、「アメリカ第一号」のスープラを出品する、と発表。※スープラの発表自体は1/14さらにこの落札代金は、9/11テロにおいて(軍人や消防士など、救助活動にあたり)負傷した人々とその家族の救済に充てられる、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿まさかの2000GTも!トヨタ各車に加えホンダNSXやS2000の「もしも」系レン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2RSはなぜ「王の中の王」たりうるのか?裏側から技術的に解説してみた

ポルシェ911GT2RSの裏側はこうなっている。クルマの表より裏側が好きな人は必見 ポルシェ911GT2RSは言わずとしれた「ニュルブルクリンク王者」であり、ポルシェ911の頂点に君臨する「王の中の王」。これまでも数々のレビューが公開されているものの、今回ポルシェ・クラブ・オブ・アメリカ(PCA)がTPCレーシングのガレージを訪問し、整備中の911GT2RSを使ってその構造を説明しています。 こちらもオススメ、関連投稿光の速さで登場。新型ポルシェ911「スピードスター」「カブリオレ」のもしも系レンダリング ...

ReadMore



>日産/インフィニティ(Infinity)

なぜ日産ノートe-POWERは売れたのか?→「新しモノ好き」ではなく「慎重派」を狙ったから

更新日:

サンケイビジネスにて、「打倒アクア”ノートe-POWER”はこうして生まれた 日産社内で使用した企画書」という記事が公開に。
ノートはe-POWERの登場を機に、2016年11月単月にて「国内乗用車販売ランキング」1位を獲得し、これは日産にとって「30年ぶりの快挙」。
その快挙は狙ったものであり偶然ではない、という内容となっています。








なぜ「ノートが選ばれたのか」
マーチでもなくキューブでもなくジュークでもなく「ノート」を選んだのは「4人乗り」という実用性、保守性が重要だった、としています。
同じ四人乗りでもマーチでは室内が狭く、キューブやジュークではデザイン性が高すぎて「万人向きではない」という解釈ですね。


開発は2007年にスタート

傍から見ると「リーフがコケたので方向転換してe-POWERを出した」ように見えますが、実際はリーフの3年前から開発がスタートしていた模様。
ただし「イキナリ電気自動車」というのはハードルが高い、というのはリーフを発売して実感した現実であり、リーフはひとつの契機とも言えそうです。


超えるべき4つの壁

ノートe-POWERを発売するには4つの壁が存在した、とのこと。
ひとつは「電気自動車並みの静粛性」。これが実現できないと単なるハイブリッドと同じで、となるとトヨタ・アクアには到底勝てない、ということに。
二つ目はもとのノートにはない「モーターをどう積むか」。もちろんバッテリーも含まれると思います。
三つ目は「アクア超えの燃費」。
実用車として販売するからにはこれは「マスト」であったと思われます。
4つ目は「ワクワクする走り実現への壁」。
リーフで高い評価を得た”ダイレクトでリニアな走行感覚”を実現する必要があった、とのこと。
要は「燃費の良いガソリン車」ではなく「バッテリー切れの心配のない電気自動車」にしたかった、ということなのでしょうね。

アクア、デミオとの戦略的価格差
アクアはハイブリッド、デミオはディーゼルながらそれぞれ170万円台の攻防。
よってノートe-POWERもここに価格を合わせる必要があり、177万円からの設定にした、とのこと。
デザイン性を訴求するのであれば、そこにプレミアムを払う人も多いかもしれませんが、「実用性」「経済性」を重視する人々に焦点を合わせたので、価格が重要な要素と捉えたのでしょうね。

たとえばBMW i3は非常に先進的な構造を持ちますが、そのぶん価格が(非常に)高価です。
正直なところいかに経済性が高くとも「モトが採れる」ものではなく、しかしそれはBMWも理解していたのでデザインについても先進的なものとし、イノベーター理論で示すところの「イノベーター」のみを狙った、と言えます。
逆にノートe-POWERは「アーリーマジョリティ」層を狙ったとも言えますが、アーリーマジョリティは「新しもの好き」と「一般人」との橋渡し=ブリッジピープル、とも。

そしてノートe-POWERもガソリンからEVへの「橋渡し=ブリッジ」的製品だとも考えられ、およそ市場の34%を占めると言われるアーリーマジョリティ層に刺さったのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.