>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・マイバッハG650ランドーレット(ランドレー)の公式フォト公開。99台の限定発売

投稿日:2017/02/13 更新日:

| アドベンチャー風味満点の優雅なマイバッハ |

メルセデス・ベンツが「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット(ランドレー)」を公開。
期せずして情報がリークされてしまったために公開を急いだのかもしれませんが、「本当に出たのか」とまだ信じられない思いはあります。
マイバッハブランド初のSUVとなりますが、GLSをベースにするよりはGクラスのほうがリッチな印象はありますし、そのクラシカルなルックスもリアを「キャンバス」とすることでさらに強調され、優雅さすら感じさせるように思います。

限定台数は99台、エンジンはAMG製の6リッターツインターボ(630馬力)。
ボディカラーは3色、トップは4色から選択可能、とのこと。

なお「ランドーレット(フランス語読みだと最後のtは発音しないのでランドレー)」はクーペやセダン、ロードスター同様に昔の場所の形状からそのまま自動車の形状を表すようになったもので、前半分に屋根があり、後ろ半分が幌、という形状を指します。

これはコーチビルダーが市販車を改造することがあり、教皇や王族のパレード(レクサスやBMW、メルセデス・ベンツがよく用いられる)に使用され、そういった意味でも「マイバッハ」らしいとも言えますね。

なおメルセデス関係では、コーチビルダーのバウアが過去にランドーレット風のバウア・Gカブリオを発表した他、マイバッハに「62ランドレー」が存在します(画像下)。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2007_Maybach_62SLandaulet2.jpg です

このメルセデス・マイバッハG650ランドーレット(ランドレー)ですが、内外装が標準のGクラスに比べると大きく変更され(ベースはG500 4x4Squared)、カーボンパーツの多用が特徴(マイバッハには珍しい)。
カーボンパーツは特に内装に多く見られますね。

メルセデス・ベンツは「マイバッハブランドからもSUVを出す」と発言しており、かつ新型Gクラスと見られるキャンバストップ車のプロトタイプも目撃されていましたが、それらはこの「G650ランドーレット(ランドレー)」を指していたのかもしれませんね。

関連投稿

メルセデスが「マイバッハG650」の動画公開。アフリカで希少動物を探す試乗会の様子

メルセデス・ベンツが公式にてGクラスのマイバッハ版、「マイバッハG650ランドレー」の動画を公開。
これはアフリカにて撮影されたもので、まさにその車の雰囲気とぴったりのもの。
なおこれは報道関係者を招いてのイベントであったようで、アフリカの動物をG650ランドレーに乗って探しに行くという内容になっています。

その過程において悪路の走破性、悪路における快適性などを体感してもらおうという内容だと思われますが、なかなかに「粋」な催しと言えますね。

なおマイバッハG650ランドレーは99台のみの限定でV12ツインターボというブランド中もっともパワフルなエンジンを搭載。
足回りも通常のGクラスに比べて強化され、まさに「走る場所を選ばない」マイバッハとなっています。

下はお馴染み英国人ユーチューバー、Shmee150氏によるマイバッハG650ランドレーの紹介。
内装各部など事細かに紹介されていますが、室内にはシャンパンが用意されており、豪華な試乗イベントが開催されたことがわかります。

おそらくは同じようにユーチューバーやメディア関係者を招待してのイベントであったと思われ、発表前にリークされた画像も同じようにアフリカのサファリで撮影されたものだったので、招待者の一人が「漏らした」のかもしれませんね。

最近の新車発表においては旧来のメディアよりもユーチューバーの方が大きな影響力を持つ場合があり、こういった先行発表イベントの紹介されることが多くなっているようです。

メルセデス・ベンツが突如マイバッハ「G650ランドーレット」発表。”超”豪華なGクラス

メルセデス・ベンツがイキナリ「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット(ランドレー?)」を発表。
ジュネーブで発表されるとのことですが、車体後部がキャンバス仕様となる、これまでの「マイバッハ」の現代的な装備やデザインとは異なる解釈で仕立てられたラグジュアリーな一台。

ベースとなるのはG500 4x4SquaredでエンジンはV12、出力は630馬力。
後席スペースを拡大するのにホイールベースも延長されており、全長が長くなることで優雅な印象があるように思います。

オープンカーがその優雅さを強調するのにあえてキャンバス製のルーフを採用することがありますが、今回のマイバッハG650ランドーレットも(布製ルーフ採用については)同じ考え方なのでしょうね。

正式なスペックや価格はジュネーブでの発表を待つしかなさそうですが、限定台数については「99台」と言われています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.