ad-728





>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

ランボルギーニ・アヴェンタドールにリコール。社外マフラーを装着した場合、最悪で火災の可能性

2017/02/20


ランボルギーニ・アヴェンタドールにリコール発生(今回は北米での発表)。
これは2012-2017年モデルと広い範囲が対象で、1,453台が対象となっています。
リコールにはアヴェンタドールの限定モデルであるアニヴェルサリオ、ミウラ・オマージュ、ピレリ・エディション、スーパーヴェローチェ(SV)、ヴェネーノ、ヴェネーノ・ロードスターも含まれる、とのこと。

内容としては「過剰に燃料を入れすぎると」触媒などに燃料がかかり、停止状態からいきなり高回転までエンジンを回すと燃料が排気に接触する可能性が生じる模様。
加えて「認証を受けていない社外のエキゾーストシステムに交換されている場合」、最悪では火災に至るとしています。

最初に問題の報告を受けたのは2015年とのことですが、その後様々な状況で検証を続け、「燃料入れすぎ、アイドリングからいきなり高回転、社外エキゾースト」という条件下で問題が生じる、ということを究明したという流れだそうです。

対応の内容としては燃料タンクのエバポレーターを交換するというものとなりますが、ランボルギーニがリコールを出すのは非常に稀。
最近だと2012年にヘッドライト関連で144台のアヴェンタドールをリコール対象としていますが、社外エキゾーストが一因とはいえ、ハイパフォーマンスカーは乗用車では考えられないような問題が起きるものですね。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , ,