ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

中国でプリウス売れず。昨年12月の販売は「わずか1台」。しかも5月以来の登録

2017/07/03

なんと中国において、2016年12月におけるプリウスの販売は「たった一台」。
しかもその1台ですら「5月以来、はじめて売れた」プリウス、とのこと。
年間を通じると中国でのプリウス販売は76台となっており、「半年ぶりの1台」から想像できるほど少ない販売台数ではありませんが、逆に「急激に」販売が落ち込んでいる、ということになりますね。

なお2015年通年での販売は700台とのことなので、2016年の76台はやはり「相当に少ない」のは間違いなさそう。

ただし中国全土で見るとハイブリッドの販売は伸びているようで、2016年におけるトヨタのハイブリッド車は前年比で8倍の71,676台に伸びたと報じられており(カローラHV、カムリHVがこのうち65%を占める)、要は「プリウスの一人負け」のような状況だと考えられます。
この要因としては2015年にトヨタはプリウスの現地生産を停止したためにプリウスは「輸入車」扱いになり、そのためプリウスは15%の関税を課されるために市場では高価になることがあるのでは、とのこと。

プリウスと同じ価格だと中国ではアウディQ3が購入できるとのことで、そういった状況だと消費者としてはプリウスを選ぶ理由は乏しいのかもしれませんね。

なお中国は環境汚染が深刻で、EVに関しては「生産・販売で世界ナンバーワン」を目指そうとしていますが、そのためにEVには特恵を与え、かつ中国内では現地の安価なEVを製造するメーカーが多くあり、ハイブリッドを購入する理由に乏しいこともあるかもしれません(BMW i3は中国では唯一の”免税”輸入車ですが、それでもモトが高価なので売れていない)。

関連投稿
中国が政府主導にてEVと自動運転に本腰。2030年には販売する車の40%をEVに、15%を自動運転に
メルセデス・ベンツはEVを中国で販売したい模様。中国はEVの最大市場に成長か
VWが中国自動車メーカーと新たな契約。現地向けに新ブランドにて安価なEVを生産・投入

VIA:BLOOMBERG

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,