>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリF1マシン、「312T3」がオークションに。歴史的名車だけに価格高騰必至

投稿日:2017/02/26 更新日:

1978年製造のフェラーリF1マシン、「312T3」がオークションに登場予定。
312Tシリーズは1975年に登場した名車で、5年に渡り6つのバリエーションを持つに至っていますが、61回の表彰台、4回のコンストラクターズチャンピオン、3回のドライバーズチャンピオンを獲得したモデルでもあります。

今回販売されるのはシャシーナンバー032、1978年の南アフリカGPでデビューしたもの。
エンジンはフラット12で515馬力を発生し、それまでのシリーズに比べて新しいモノコックとサスペンションを持っています。

1979年に「T4」へと移行するにあたり312T3は退役していますが、その際にフェラーリはフランスのコレクターにこれを売却。
その後も数人のコレクターの手を経ており、今回改めてオークションに登場することになった、とのこと。

フェラーリは使用済みのレーシングカーをコレクターに販売することでその歴史を重ねてきましたが、今までに相当数のレーシングカーが個人の手に渡っているのでしょうね。
なお、フェラーリはF1マシンについて、新たに販売するのを停止すると発表していて、となると今までに販売されたF1の価値は急騰することになりそうです。

VIA:Motor1

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.