ad-728

>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが台湾企業との合弁にて「ポルシェ台湾」設立。なおこの10年で販売は17倍に

2017/03/03

Pocket
LINEで送る

ポルシェが台湾にて合弁会社を設立。
これは現地のユニバーサル・モーター・トレーダース(UMT)との間によって交わされた契約に基づくもので、最高経営責任者にはマーティン・リンパート氏が就任。
この合弁会社はポルシェの子会社扱いとなり、「ポルシェ台湾」として2018年より活動を開始する、とのこと。

要はいままで無かった「ポルシェ台湾」を、現地のインポーターとの合弁によって設立、という流れのようですね。
現在台湾には4箇所のポルシェセンターがあり、2016年には3,356台を販売。
10年前にはわずか200台という販売台数だったとのことで、それを考えると相当な伸びを記録したと言えます。

ポルシェによる発表は下記の通り(一部抜粋)

「この10年間で、ポルシェは信頼できるパートナーのUMTとともに、年間約200台だった台湾での販売台数を、3,000台を超えるレベルにまで伸ばしてきました。この数字は台湾におけるポルシェの目覚しい成功と、この市場の大きな潜在力を明確に示すものです。合弁事業の設立は、我々の事業をさらに拡大していくうえで必要不可欠な新しい一歩であると言えます」とポルシェAGのセールス&マーケティング担当役員を務めるデトレフ・フォン・プラテンは述べています。

VIA:PORSCHE



->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , ,