ad-728



>ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費

ランボルギーニ・ウラカン久々に洗車。春からの出番に備えて準備を行う

Pocket
LINEで送る

さて、久しぶりにランボルギーニ・ウラカン洗車。
冬は天気が安定しないこと、雪が降ること、そもそも道路に融雪剤が撒かれていることがあり、なかなかに乗る機会がなく、かつ「寒い」ので洗車する気がそもその起きないためにの延び延びになっていたのですが、気温が比較的高い日を選んで洗っています。

前回の洗車から時間が経過しているものの、ほとんど乗っていないので汚れはあまり無いはずですが、車というものはガレージの中に放っておいても白く煙るように汚れますね。

そんなわけで今回は軽く洗車ですが、もうウラカンにも2年近く乗っていることになり、そろそろ一年ごとの点検や任意保険の更新、コーティングメンテナンスなどを考えねばならない時期に。

今のところ幸いに事故もなく、気をつけて走っているおかげで(速い車の後ろや幅広ハイグリップタイヤを装着した車の後ろ、トラックの後ろにつかない)フロントには飛び石傷もなく、他の車からのドアパンチもなし。

洗車する場合にはそうやって傷などを確認しながら慎重に進めますが、前後ホイールハウスの後ろにはどうしても自分の車(タイヤ)の跳ね上げた小石などが当たるため、ここだけは傷がついてしまいますね。

プロテクションフィルムを貼ればこういった問題は解決できますが、ボディカラーがホワイトだとどうしてもフィルムを貼った跡が目立ち、フィルムの経年劣化による黄ばみも目立つので(フィルムの品質向上で一時よりはかなり良くなりましたが)、ぼくは「プロテクションフィルムを貼らない」派です。

->ウラカンのトラブル・メンテナンス・維持費
-, , , , ,