■このサイトについて >アストンマーティン(Astonmartin)

その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラストを公開。2台ペアで19セットのみが販売に

ザガート100周年記念、そしてアストンマーティンとザガートとの関係継続60周年記念 先日、アストンマーティンが「ザガート100周年、そしてザガートとアストンマーティンとの提携60周年」を記念した「2台セット」の限定シリーズ、DBZセンテナリー・コレクションを発売すると発表しましたが、今回はさらに一歩進んだレンダリングを公開。ちなみにこの「2台」とは「DBS GT Zagato(DBS GTザガート)」と「DB4 GT Zagato Continuation(DB4 GTザガート・コンティニュエーション)と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

その価格2億3000万円!新型トヨタ・スープラ1号車が完成。生産ラインもBMWと同じ?

スープラの後ろに並ぶのは新型BMW Z4 トヨタより、新型スープラ第一号車がラインオフした、との発表。実際にラインオフしたのは3月上旬とのことなので、現在は続々新型スープラが生産されているということになりますね。なお、生産工場はオーストリアにある「マグナ・シュタイヤー」の保有するグラーツ工場(Magna Steyr Graz Plant)。先日は、新型スープラを輸送するトラックも目撃されており、全世界に配備中といったところなのだと思います。 新型トヨタGRスープラを輸送する姿が目撃に。ボディカラーは3色、 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが新型Z4を国内販売開始。スープラと同じエンジンを積む「Z4 M40i」の価格は835万円、ボディカラーは3色のみ

同時にマット仕上げの限定モデル、「M40iフローズングレー」も発売 BMWが日本においても新型「Z4」を発売。新型BMW Z4はトヨタGRスープラと同じくオーストリアのマグナシュタイヤーにて生産される「スープラの兄弟車」としての注目を集めていますね。 今回、BMWジャパンが発表した新型Z4のサマリーは下記の通り。※BMWによる新型Z4のコンテンツはこちら 時速50キロまでであれば、わずか10秒で開閉可能なソフトトップ高い俊敏性を実現させるボディバランス新世代のエンジン、サスペンションを装備AIを採用した最 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリP80/C発表!目的は「究極のパフォーマンス」、フェラーリのワンオフモデル史上もっとも長い時間をかけて作り上げた「これ以上はない」エクストリームな一台

ベースはフェラーリ488GT3、タイムを出すこと以外は考えていない フェラーリがスポーツ・プロトタイプ・コンセプトとして「P80/C」を発表。これは顧客の要望によって作られた一台限りの完全ワンオフモデルであり、顧客とフェラーリとがガッチリとタッグを組んで作り上げた「フェラーリ史上もっともエクストリームなクルマ」、かつサーキット走行専用としてのリリースです。なお開発スタートは2015年とされ、このP80/Cはフェラーリのワンオフ史上、もっとも開発に時間がかかったモデル、とも公表されています。 こちらもオスス ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

国産車ディーラーは見込み客管理が甘い?輸入車ディーラーとの決定的な相違点を考えてみた

実は国産車ディーラーの方が「敷居が高い」 ぼくは国産車、輸入車とわず興味があるものの、実際に購入するのは輸入車の割合が圧倒的に高くなっています。それは輸入車のほうが性能が高いということもあるものの、輸入車ディーラーの方が「顧客管理や、セールスさんのレベルが高いんじゃないか」と感じていることも大きく関係。 クルマは「買って終わり」ではなく「買ってからがはじまり」だとぼくは考えていますが、国産車ディーラーには「買ってからもつきあえる」というセールスさんがほとんどおらず、買ってからディーラーと付き合うという環境 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

タイ発、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォークカスタム。ほかにもGT-R×JPSカラー、S660×マールボロカラーを公開

このボディカラーは刺激的 タイのチューニングショップ、インフィニティ・モータースポーツがなんとも格好良いランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムカーを公開。これはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットを装着した上でレーシングカーのようなグラフィックへとラッピング。なお装着されるエアロキットはフロントバンパー、フロント/リアのリップスポイラー、ワイドフェンダー、リアウイング、フロントフードだと報じられています(車高が落ちており、かつロゴがあることからもエアサスペンションも装着していると思われる)。 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

20台のみの限定モデル、ブガッティ・シロンスポーツ110Ansが転売。その価格5億円、納車は10月28日

どうしても転売だけは抑えることができない さっそくブガッティの限定モデル、シロンスポーツ110Ans エディションの生産枠が転売に。これはブガッティ設立110周年を記念して20台のみが発売されたレアカー。今回販売情報が掲載されているのはMobileですが、ここではこれまでにもメルセデスAMG ONE、アストンマーチン・ヴァルキリー、マクラーレン・セナ、ブガッティ・ディーヴォ等の生産枠が転売されています。 はじめてブガッティ・ディーヴォの転売が登場。12/28に生産が完了する「生産枠」が2.3億円増しの8. ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

メルセデス・ベンツがいい動画を公開した!ベンツ婦人が自動車の有用性を知らしめるために「人類で初めて自動車で旅行した女性」となった様子を実写化

当時、自動車は邪魔者扱いでだれもその有用性を理解していなかった メルセデス・ベンツがこれまでとは一風変わった動画を公開。これはメルセデス・ベンツのルーツに触れるもので、まるで映画のような仕立てを持つものとなっています。内容としては「自動車を発明した」メルセデス・ベンツ創業者(当時の社名は今とは異なる)であるカール・ベンツの妻、ベルタ・ベンツが「女性で、かつ世界で初めて」自動車によって旅行したときの様子を再現したもの。 当時は自動車自体の存在が知られておらず、知っている人にとっても「うるさく、馬よりも遅い」 ...

ReadMore



>ポルシェ・パナメーラ関連

ポルシェがパナメーラのワゴン版「スポーツツーリスモ」公開。グレードは5つ

投稿日:2017/03/02 更新日:

ポルシェがついに「パナメーラ・スポーツ・ツーリスモ」発表。
2012年に発表されたコンセプトカーに非常に近い形で発表されており、「さすがはポルシェ」ですね。
コンセプトカー段階では「スポーツカー」らしさを強調しており、大きなエアインテークやツルリとしたボディ表面が特徴でしたが、市販モデルでは高級感のあるディティールとなっています。








全長は5049ミリ、幅は1937ミリと大きく、後席は「3人」が座ることができ、ラゲッジスペースは590リッター(リアシートを倒すと1390リッター)。

リアウイングは1度から26度までの角度で3段階に作動し、パノラミックサンルーフの角度と合わせて「ウインドノイズを低減」する働きがあるようで、これはパナメーラ(セダン)の「ダウンフォース獲得」とはちょっと違う機能となっていますね。

パナメーラ・スポーツツーリスモは「5モデル」にて展開され(日本ではどうなるか現段階で不明)、パナメーラ4、パナメーラ4S、パナメーラ4Sディーゼル、パナメーラ4 E-ハイブリッド、パナメーラ・ターボ。
駆動方式はすべて4WDとなりますが、これは「ワゴン」という性格を考慮したものと思われます。

現在のところ価格や発売時期についてのアナウンス、パナメーラ・スポーツツーリスモのサイトは公開されていませんが、おそらく(今までの例に倣って)ジュネーブでの発表と同時に公開されるのでしょうね。

なおこちらが2012年に発表された「スポーツ・ツーリスモ・コンセプト」。

関連投稿:ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリズモ(ワゴン)は3月に公開?その販売を予測してみる

ポルシェ・パナメーラ・ワゴン(スポーツツーリズモ)が3月のジュネーブ・モーターショーで発表される、と英国CARマガジンがレポート。
今のところ発表がいつになるかポルシェからのコメントはありませんが、もともと2016年のパリ・モーターショーで発表されると考えられていたモデルだけに、今回のジュネーブでの発表は比較的「ありそう」には思います(これを逃すと次はフランクフルトあたりまで発表の場がない)。

なお名称についても現在未定で、「スポーツツーリズモ」となるという説が有力ではありますが、これもまた不確定。
エンジンについてはパナメーラと同様のラインアップとなりハイブリッドも登場するとされていますね。

現在パナメーラはアメリカと中国で比較的高い人気を誇っており、しかしポルシェとしてはこのワゴンボディの投入にて欧州市場でのパナメーラ販売を伸ばしたい意向があるようですが、パナメーラ・ワゴンは正直ポルシェにとっても大きな「賭け」かもしれません。

カイエンの投入時にはSUV需要が既に顕在化していたのでヒットは十分に予想できた範囲でしたが、今回の「ワゴン」については世界的に人気が高いわけでもなく、主な市場とも言える中国でもそれは同じ(中国でGTC4ルッソが売れているのは「4人乗れるフェラーリ」がそれしかないからで、ワゴンボディだからという理由ではないと思われる)。
欧州においてもこの価格帯のワゴンはあまり例がなく、「ニッチ」であるとも考えられるわけですね。

ポルシェの新モデルだとかつては「ボクスター」がありますが、これもまたマツダ・ロードスターに刺激されたモデルとなり、ある程度の需要が読めたモデルで、やはりパナメーラ・ワゴンとは事情が異なるのかもしれません。
要は「ポルシェのこれまでのニューモデルは需要が既にあった」ものであるのに対し、パナメーラ・ワゴンは「需要をポルシェが作り出す必要がある」モデルとなるため、それなりに困難な戦いが予想される、とぼくは考えています。

関連投稿:ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリズモは2017年3月に発表(との噂)

14352346_949169131859601_3154739520288108145_oa

ポルシェ・パナメーラのワゴン版、「スポーツツーリズモ」は来年3月のジュネーブにてデビューする模様(画像は非公式レンダリング)。
なお名称もスポーツツーリズモとなるのかどうかは不明。
現時点ではスタイリングやディティールは不明ですが、2012年発表の「スポーツツーリズモ・コンセプト」と現行パナメーラとの中間のようなスタイリングになると思われ、予想レンダリングは「当たらずも遠からず」なのだと思われます。

初代パナメーラは中国(上海モーターショー)にてデビューを飾っていますが、さすがにパナメーラ・スポーツツーリズモは中国でのデビューではなくちょっと安心。
現在北米や中国といったポルシェのメインマーケットではSUVの人気が高く、しかしここでポルシェが「ワゴン」を発売するのはちょっと意外でもあります。
単に売り上げのみを考えるとパナメーラやマカンの3ドアモデルを発売した方が良さそうですが、様々な思惑があるのでしょうね。

関連投稿:ポルシェ上層部「パナメーラにはシューティングブレークとロングホイールベース登場」と認める

porsche-panamera-csp14

発表されたばかりの新型ポルシェ・パナメーラですが、ポルシェCEO、マティアス・ミュラー氏がメディアに対して「シューティングブレークとロングホイールベース」のバリエーションを投入することを明言。※ポルシェ北米のトップはすでにシューティングブレークの登場を示唆していましたが

シューティングブレークは2012年に発表された「スポーツ・ツーリズモ・コンセプト」に準ずるスタイルを持ち(すでにテストカーは目撃)、ロングホイールベースは主に中国市場をターゲットにしたもの(ほか地域でも販売)と語っています。

パナメーラに採用されるMSBプラットフォームは自由度が高いことが特徴ですが、次世代のベントレー・コンチネンタルGT、フライング・スパーに採用されることも決定済み。
コンチネンタルGTに採用されるということは2ドアやコンバーチブルにも対応できるということになり、もしかするとずっと噂されていたパナメーラのクーペバージョンやオープン版も登場するかもしれませんね。

関連投稿:ポルシェ・パナメーラ・ワゴンは9月のパリMSで発表?名称は「スポーツツーリズモ」か

Porsche-Panamera-Sport-Turismo-4[2]a

ポルシェ・パナメーラ・シューティングブレークの開発が報じられて久しいですが、名称が「スポーツ・ツーリズモ」となり、9月のパリ・モーターショーで発表される線が濃厚に。

「パナメーラ」と冠されるかどうかは未定ですが、ボクスターとケイマンを「718」に統一しており「シリーズ化」を進めているポルシェのことですので、やはり「パナメーラ」の名称は採用してくるのでしょうね。

なお画像は2012年発表の「パナメーラ・スポーツ・ツーリズモ・コンセプト」ですが、ほぼスタイリングはこれに準じたものと見られます。
当時、このコンセプトカーが発表された際には左右のテールランプをこういった形でつなぐ手法はポルシェにとって一般的ではなく、またリアハッチに段差が設けられるというデザインも991で採用されたばかりでしたが、今年登場したパナメーラは「まんま」この2012年のコンセプトカーに採用されたデザインを持っており、718ボクスター/ケイマンとの共通性もあり、自動車のデザインは何年という長いタームで考えられていることがわかりますね。

同時に、ポルシェでは「次世代」のデザインもある程度出来上がっているのだろう、とも考えます(ミッションEがそうなのかもしれない)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ・パナメーラ関連
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.