>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツがEクラス・カブリオレ公開。64色に変化する内装イルミを装備

投稿日:2017/03/02 更新日:

メルセデス・ベンツがジュネーブ・モーターショーに先駆け「Eクラス・カブリオレ」発表。
旧世代に比べるとより長くより広くなっていますが、これは元となるプラットフォームそのものがCクラスと決別し、大型化していることに起因していると思われます。

エンジンはまず3リッターツインターボV6(329馬力)、トランスミッションは9Gトロニック(9速AT)との組み合わせにて登場。
駆動輪は後輪のみもしくは4WD(4MATIC)とされますが、それぞれのパフォーマンスは現時点で未公開。

内装においてはEクラスクーペと変わるところはないように思われ、ジェット機にインスパイアされたエアコン吹き出し口、64色に変化させることができるアンビエントライト、12.3インチディスプレイなどが見られますが、内装色のコンビネーションはクーペよりも選択肢が多いのかもしれません。

第一弾のオフィシャルフォトということで内外装ともカブリオレならでは優雅さを強調したものとなっていますが、内装ではホワイトを基調とし、ブルーをあしらった組み合わせが何とも爽やか(AMG50周年限定車を思わせるカラーリング)。
加えてウッドパネルもホワイトに近い色を採用しており、高級かつエレガントな雰囲気がありますね。

こんな車に乗れたらさぞ幸せだろう、と思わせる一台だと思います。


関連投稿:メルセデス・ベンツがEクラス・カブリオレのティーザー公開。ジュネーブで正式発表

メルセデス・ベンツがジュネーブで発表を予定しているEクラス・カブリオレのティーザー画像を公開。
微妙にカモフラージュの残る状態ですが、ほぼその姿の予測がつくものでもありますね。
それにしても最近のメルセデス・ベンツにおけるラインアップの増強ぶりには目をみはるものがあり、C/E/Sなど各クラスに「セダン、クーペ、オープン」はもちろんワゴンやSUVまでも投入する勢いで(さすがにSクラスワゴンありませんが)、一気にその製品群を拡張しています。

その勢いについてはライバルのBMWやアウディを圧倒するもので、直接の競合とも言えるBMWもさすがに追いつかないほど。

なおミドルクラスのオープン4座は中古市場になるとけっこう安価に手に入れることができ、メルセデス・ベンツEクラスクーペやアウディA5カブリオレなどは魅力的な選択肢ではありますね。
そういえばBMWは5シリーズの外観を持つオープンはなく、6シリーズにてコンバーチブルを展開しているものの、ちょっと性格は異なるようで、「5シリーズの真面目そうな外観を持つオープンがあってもいいのに」と思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.