>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

フィアットでもっとも高い落札記録更新か。競売に「8Vスーパーソニック」登場

投稿日:2017/03/26 更新日:

1953年製の希少なフィアット8Vスーパーソニックが競売に登場予定。
おそらく「フィアット史上もっとも高価な」一台になると見られ、落札価格は最高で2億2000万円ほどになるのでは、と予想されています。

なお、これまでに落札されたフィアットでもっとの高価なのはおなじ8V、しかしビグナーレによってデザインされたカブリオレで、こちらは1億4000万円、という記録。

ビグナーレ版は30~40台が生産されたと言われますが、今回のスーパーソニックはカロッツェリア・ギアによってデザインされ、更に少ない15台のみが生産されています。

今回の個体は1953年に納車されたものでシャシーナンバーは000049。
納車先はパワーボートのレースで3度のゴールドカップを獲得したレーサーのもとであった、とのこと。

その後1979年にコレクターに売却された後にレストアを受け、その後コルベットのエンジンを移植されるなどしていますが、2007年にも大規模なレストアを経てトランスミッション、サスペンション、ドライブトレーン、内装などがリフレッシュされています。

およそ65年の間にオーナーが5名変わったとのことですが、今回「6人目の」オーナーを募集中、というところですね。

VIA:Motor1

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.