ad-728

>マツダ(MAZDA)

こんなマツダはどう?デザイナーの考える「浸漬(SHINSHI)コンセプト」

2017/03/19

Pocket
LINEで送る

工業デザイナー、Miguel Angel Bahriさんの考えたマツダ「MAZDA SHINSHI CONCEPT(浸漬コンセプト)」。
マツダがコンセプトカーによく使用する「漢字」を名称に用いたものですが、「ドライビングポジションを重視」したとしており、この部分もマツダの考え方と通じるものがあると言えます。

軽量シングルシーターでリアホイールはオープンという特殊なパッケージングですが、F1スタイルのステアリングホイールを装着しクイックなハンドリングを想定しているなど「楽しそうな」車ではありますね。

なおリアには日本語で「結局は人間」と書かれており、マツダもしくは日本文化に対する敬意、そしてテクノロジーよりも人間優先、という方向性がわかります。

デザイン的には現行のマツダが用いる「鼓動」とはやや異なりますが、ドラポジ重視、人間重視というところではマツダに非常に近い考え方を持っていそうですね。



->マツダ(MAZDA)
-, , , , ,