ad-728



>ベントレー(Bentley)

ベントレーが純金、純銀をモチーフにした究極に豪華なミュルザンヌ発表。限定50台

2017/07/04

Pocket
LINEで送る

ベントレーがミュルザンヌの限定モデル「ホールマーク・シリーズ」を公開。
これはベントレーのカスタム部門「マリナー」によってカスタムされたもので、貴金属の「ゴールド」と「シルバー」にインスパイアされたもの、としています。

限定台数は50台で「究極の豪華さを表した」としていますが、中国そして中東からのオーダーで一気に売り切れてしまいそうですね。
ボディやインテリアのあちこちにシルバーもしくはゴールドの加飾が施され、しかしやはり圧巻はボンネット上にある「フライングB」。
特にゴールド仕様はインパクトがあります。

ベントレー特有とも言える「ヒドゥン・デライト(持ち主にしかわからない特別仕様で、グローブボックス内など外から見えないところに豪華な仕掛けがある)」も採用され、各ストレージ内部にゴールドもしくはシルバーの装飾があるというまさに「贅沢極まりない」限定モデルと言えそうですね。

なおこういったエンブレム(フライングB)は盗まれやすそうにも思えますが、ロールスロイス同様に何らかの盗難対策が施されているのかもしれません。

関連投稿:ロレックスのカスタム会社社長向けにカスタムされたベントレー・ミュルザンヌが公開に

bentley-bamford

ロレックスなどの腕時計をカスタムする会社、Bamford Watch Departmentの代表、George Bamford氏のためにカスタムされたベントレー・ミュルザンヌが公開に。
同社はロレックス等ステンレス製の腕時計をブラックにカスタムするのが得意とのことで、ベントレーも同様にブラックにカスタムされています。

これはベントレーのカスタム部門、「マリナー」によって制作されたものですがボディカラーはベルーガ・ブラック、ホイールも同様にブラック、エンブレムもブラックという「黒づくめ」。
ちょうどロールスロイス・ブラックバッジのような感じですね。

bentley-bamford-01

内装も基本的にブラックですが、パイピングや一部アクセントにはブルーが使用されています。
このブルーはおそらく最近のロレックスに使用されている「クロマライト(夜光塗料)」をイメージしているのではないと思われ、さらにはリアシート左右の間にはカーボン製のウォッチケースが取り付けられています。

bentley-bamford-02

bentley-bamford-04

bentley-bamford-05

bentley-bamford-06

おそらく、こういったカスタムを施す会社なのだと思いますが、日本でも一時期流行りましたね。

0a86ef8af4dba021f6bc060b084d646b

関連投稿:ベントレーがカスタム技術の結晶「ミュルザンヌ・グランド・リムジン」公開

2016-BentleyMulsanneGrandLimousine-01

ベントレーが「ミュルザンヌ・グランド・リムジン」を発表。
これはベントレーのパーソナリゼーション部門「マリナー」で作られたもので、その技術のショーケースといった役割があるようです。

2016-BentleyMulsanneGrandLimousine-04

標準のミュルザンヌにくらべてストレッチしたばかりか車高まで高くなっているとのことなので、そのカスタム度合いはかなりなものと言えそうですね。

リアガラスは通電によって濃さを変えるもので、これはぼちぼち高級車に装備されて始めている装備。

ボディカラーはシルバー・フロストとモナコ・ブルーのツートンですが、先ごろ発表された新型ミュルザンヌの公式フォトの多くはツートンカラーを採用しており、これはロールスロイスやベントレーならでは、といったカラーですね。

2016-BentleyMulsanneGrandLimousine-02

2016-BentleyMulsanneGrandLimousine-03

関連投稿:ベントレーがミュルザンヌに限定モデル「Sinjari edition」追加。ブラックとゴールドのリッチ仕様

sinjari

ベントレーが限定モデル「Sinjari edition」を公開。
ブラック(濃淡がある)とゴールドのコンビですが、名称からしてなんとなく中東っぽい感じですね。
なおフロントにあるフライングBマークは24カラットのゴールドを使用。

内装においても2トーンのブラックとタンカラー。
ブラックとゴールドはアパレル等においては比較的一般とも言える組み合わせですが、自動車においては意外とあるようでない組み合わせ。
ただし実際にブラックとゴールドの車を見ると異常に強いインパクトを持っており、ぼく的にはもっと流行ってもいいんじゃないかと思ったりします。

14310347_1380542895312335_7632514606073416325_o

14361395_1380542838645674_4430665959407711204_o

sinjari_17my_front-1920x670

関連投稿:全部ブラック。ミュルザンヌ・スピード・ベルーガ・エディションが公開に

Bentley Mulsanne Speed Beluga Edition4

ベントレーが「ミュルザンヌ・スピード・ベルーガ・エディション」を公開。
その名の通りベースはミュルザンヌ・スピードでエンジンは6.75リッターV8。
530馬力を発生し0-100キロ加速は4.8秒で駆け抜けます。

ボディはエンブレム(フライングB)に至るまでブラックアウトされ、ここまでブラックで統一されるのはメーカー直接の車両としては非常に珍しいと思います。

内装もブラックレザーとピアノブラックで覆われるとのことですが、なかなかに格好良い仕様ですね。
なお「ベルーガ」はチョウザメの一種で、そのためぼくはいつもベルーガと聞くとキャビアを連想します。

イメージ的にはロシアのマフィアが乗っていそうではありますが、もしこの「ベルーガ・エディション」がコンチネンタルGTに設定されれば日本でも非常に人気が出そうですね。

Bentley Mulsanne Speed Beluga Edition3

Bentley Mulsanne Speed Beluga Edition2

Bentley Mulsanne Speed Beluga Edition1

->ベントレー(Bentley)
-, , , , ,