>その他ドイツ車

倒産なにするものぞ。アルテガがScalo Superelletraを発表し復活の狼煙をあげる

投稿日:2017/03/09 更新日:

ドイツの「アルテガ」が新型車「Superelletra」を発表。
アルテガは過去に「GT」など発表しているものの2012年に倒産。
その後2015年には”Scalo”を発表するも生産に移せずに終わっていますが、今回のSuperelletraはScaloのバリエーションとも言えるモデル。

Scalo SuperelletraはEVとなり二個のモーターを前後それぞれに備え、1020馬力を発生。
バッテリーやモーターのスペックなど詳細の発表はありませんが0-100キロ加速は驚愕の2.7秒としており、最高速度は時速300キロ(リミッター作動)。
航続可能距離は500キロとされており、他ライバルと比べても十分なパフォーマンス、実用性を持っていると言えそうですね。

なお「1000馬力」「500キロ」は一つの目安で、最近はEVだとこれを満たしていないと訴求できないような状況となっており、早晩この基準も引き上げられるのかもしれません。

Scalo Superelletraは2019年から生産を開始し50台のみの販売とされています。
価格は不明ですが、ほか競合の価格を考慮するならば「億」はくだらないと思われ、相当に高価な車となるのは間違い無さそうです。

外観に関してはポップアップ式のドアハンドル、ドアミラーの代わりにカメラを備えており、こういった装備もこれからのハイパフォーマンスカーには「標準」になるのかもしれない、と思います。

なお「Superelletra」はイタリア語の「スーパーレッジェーラ」と同義で、つまりは「超軽量」。
重量についてその数値の公表はありませんが、名称に見合った軽量性を持つものと思われます。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他ドイツ車
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.