ad-728

>マツダ(MAZDA)

今マツダ買うのはちょっと待った。2017年中にほぼすべてのマツダ車にi-ACTIVSENSE標準化

Pocket
LINEで送る

マツダが今後日本で発売する「マツダ デミオ」、「マツダ アクセラ」、「マツダ アテンザ」、「マツダ CX-3」、「マツダ CX-5」について、2017年中に同社の誇る先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を行うことを発表。

この内容としては「衝突被害軽減ブレーキ」、ペダル踏み間違い事故防止のための「AT誤発進抑制制御」、おなじみ「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、駐車場でのバックに安心な「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」となっており、これらが標準装備となるのは非常にありがたいですね。

ただ、残念なのはリストを見ると「ロードスター」「ロードスターRF」が入っていないことで、これはスポーツモデルにおける重量増加を嫌ったことによるのかもしれません。

なお、マツダの考える”「MAZDA PROACTIVE SAFETY」の考え方に基づく、安全・安心なクルマづくりのステップ”は下の画像のとおりとなっています。

こちらは今回「標準装備される」装備とその詳細。

->マツダ(MAZDA)
-, , ,