ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【まとめ】どうなる新型トヨタ・スープラ。スパイフォト・動画をまとめてみた

2017/09/23


新型トヨタ・スープラの最新スパイフォト。これまでで最も鮮明かつ接近した画像

おそらくこれまでのスパイフォトでもっとも「接近」したと思われる、新型トヨタ・スープラのスパイフォト。
ガソリンスタンドにて給油中の姿を捉えたものですが、かなり鮮明な画像となっています。
ここ最近捉えられていたウインターテスト車両(プロトタイプ)と同じだと思われますが、画像をよく見ると前後バンパーは本来のバンパーの上から「偽装パネルを被せてある」ようにも見えますね。

ということはこの下から「本当の姿」が出てくるということになりますが、かなりガードの硬い車だと言えるでしょう(相当に精巧な偽装パネルを周到に用意している)。

なおヘッドライトは実際に使われるものかどうかは不明ですが、完成度を見ると「市販モデル同様」なのかもしれません。

テールランプにおいてもその形状、プレクシグラスの成形はかなりしっかりしているものの、内部構造を見ると「このまま市販はないだろう」と思われる作りを持っており、改めて念入りな偽装が施されていることもわかります。

一方でルーフにはパネルによるカモフラージュが無いように見え、「ダブルバブルルーフ」採用は確実っぽいところ。

なおこちらが「スープラ」がそのデザインイメージを反映させるであろう「FT-1コンセプト」。
スパイフォトを見ると、ルーフ形状、フロントフェンダーとドアの境界、ドア下部のライン、フロントバンパーのモッコリに共通点があるようですが、前後バンパーの形状についてはまだ判断ができず、どこまで「近づけるか」は興味のあるところです(さすがにリアフェンダーのダクトは再現されないと思う)。

BMW Z5とトヨタ・スープラが一緒にテストを行う、という非常に珍しい図。
両車はプラットフォームやエンジンを共有するとされており並んでいても不思議は無いものの、実際に一緒にいる姿を見るのと不思議な気分になります。
なおZ5のほうは偽装していても「キドニーグリル風」となっているのがちょっと面白いですね。

スープラのほうはすでにカタログがリークされており、それに記載されるスペックはBMW製エンジンと一致しているので、スープラにはBMW製エンジン搭載ということで「確定」と考えて良さそう。
一方のBMW Z5ですが、内部資料によると「Z5」という名称は決まりだと考えられるもののエンジンなど詳細は不明。

トヨタ・スープラはハイブリッドシステムを積むこともほぼ確定だとされますが、Z5のほうにもそれが反映されるのかもまた謎となっています。

なお画像を見る限り、Z3、Z4と続いたロングノーズ・ショートデッキ、そしてリアタイヤの直前に座るかのようなレイアウトが姿を消し、「かなり普通な」デザインとパッケージングを持つように見えますね。

冬季テスト継続中の新型トヨタ・スープラですが、そのプロトタイプとみられる車両が雪の上でドリフトを披露。
動画からはエキゾーストサウンドも確認することができますが、新型スープラには2リッター直4ターボ、3.6リッターV6ターボの二種類が用意されるとみられます。

現時点でわかっている情報は非常に少なく、しかしスープラは今年最も登場が期待されるモデルではありますが、今のところ判明している、もしくは予想できる内容は下記の通り。

なおトヨタはレクサスLC500のハイパフォーマンスバージョンにハイブリッドシステムを搭載するとしており、ハイブリッドシステムにおいては「燃費を稼ぐため」から「速く走るため」へとその性質を拡大しつつあるようで、新型スープラにおいても同様に「速く走るため」のハイブリッドシステムを搭載してくる、と考えて良いかもしれません。

・製造はオーストリアのマグナシュタイア
・BMW Z5(Z4後継)とプラットフォームは共通
・エンジンはBMWの直4もしくは直6(もしくは両方をラインアップ)
・ハイブリッドもある
・Gazoo店を新設しGazooブランドで発売、もしくはトヨタから販売すると同時にGazooバージョン設定?
・レーシングカー、TS050の技術がフィードバックされる?

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,