>マクラーレン(McLaren)

「最も美しい」マクラーレンP1 GTRがアメリカで納車。F1マシン同様のカラーリング

投稿日:2017/04/03 更新日:

マクラーレンP1GTRのロードバージョンが「マクラーレン・ビバリーヒルズ」より納車。
もともとマクラーレンP1GTRは「サーキット専用」ですが、イギリスの会社「Lanzante Motorsport 」がマクラーレンのお墨付きを得てこれを「公道走行可能な」仕様にコンバートしており、現在ではその台数は12台を超える、とのこと。

今回納車となるP1GTRのカラーリングは2017年モデルのマクラーレン製F1マシンと同様の配色を持つこと(時期的なものを考えるとこちらのP1の方が先にこのカラーリングを用いた、という説も)が特徴。

ただしP1向けに各部がアレンジされており、オレンジはやや薄めのカラーとなっているようです。
派手な色使いではありますが非常にセンスよくまとめられており、多くのP1はカーボンを使用するものの、これは目立ったカーボンの使用はなく、ペイント仕上げにて独自性を出しているところが新しいですね。

内装にもオレンジが使用されていますが、やはりカーボンではなくペイント仕上げのパーツを用いているところがナイス。

関連投稿:マクラーレンがF1(MP4/31)と同じカラーリングのP1GTRを公開

mclaren-p1-gtr-f1-livery (1)

マクラーレンがF1マシン(MP4/31)と同じカラーリングにペイントされたマクラーレンP1GTRを公開。
もちろんMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)によるものですが、マクラーレンP1GTRのこういったファクトリーカスタムの画像は次々公開されるにあたり、「本当は一体何台作っているのだろうか」という疑問も湧いてきます。

もちろんこれらは限定台数の中でオーダーした顧客の車だと思われますが、完売の後にこういった画像が出てくると、ついつい勘ぐってしまいますよね。
なお、「オレンジ」はマクラーレンのコーポレートカラー。

mclaren-p1-gtr-f1-livery

オレンジの塗り分け方法はなかなか格好よく、メタリックグレーとの愛称も抜群ですね。

mclaren-p1-gtr-f1-livery (2)

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.