ad-728



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

レクサスLC500hの見積もり再取得。エレガント路線に変更してみた

2017/03/21

Pocket
LINEで送る

さて、一旦見積もりを取得したレクサスLC500hですが、試乗後に翻意して仕様を変更。
というのも、当初は「スポーティー路線」で行こうと考えていたのですが、実際に試乗してみたところ「ラグジュアリー路線」の方が合っているのでは、と感じたため。
特にこのインテリアカラー「ブリージーブルー」のインパクトが強く、これは「(ぼく的に)必須」だと考えています。

よってグレードを当初の「ベースグレード」から(ブリージーブルー内装が選択可能な)「Lパッケージ」に変更していますが、これによる車両本体価格の変更は無し。
豪華グレードに変更しても価格が変わらないのは「?」ではありますが、ベースグレードではルーフやドアシルプレートがカーボンとなるものの、Lパッケージではルーフがガラスに、ドアシルプレートがステンレスに。
この(カーボンの)分が安くなり、代わって装備される豪華仕様との価格が相殺され、「プラスマイナスゼロ」となるわけですね。

加えてボディカラーも「ネープルスイエロー」から「ホワイトノーヴァガラスフレーク」に変更していますが、これは試乗記にて触れたようにレクサスLC500の各部が「無機質」な仕上げとなっているので、これに合わせた(無機質な印象のある)ボディカラーの方がおそらくいいだろう、とも判断。
メタリックグレー系かホワイト系かで迷いますが、リセール重視でここはホワイトを選択しています。

なおレクサスLC500は「なんでも」付いている車と言ってよく、オプションとして追加するものは非常に少ないのも特徴。
よって車両本体価格の他に考えるのは諸費用程度で、そこまで大きくオプション価格が影響しないのが良いですね。

ざっと装備を挙げるとバックガイドモニター、バックソナー&クリアランスソナー、ブラインドスポットモニター、クロストラフィックアラート他ドライバーズアシスト、LEDヘッドライト、シートヒータ−/ベンチレーション、などなどが標準装備。

なお新しく見積もりを取得した内容は下記の通り。
マークレビンソンを外したので前回よりも30万円弱安い価格となっています。

レクサスLC500h Lパッケージ
車両本体価格 13,500,000円
ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク 0円
内装:ブリージーブルー 108,000円

(メーカーオプション)
カラーヘッドアップディスプレイ 86,400円
ステアリングヒーター+寒冷地仕様 35,640円

(ディーラーオプション)
ETC登録 2,700円
ドライブレコーダー 61,560円
フロアマットA 105,840円

リサイクル関連費用 14,830円
自動車税 135,000円
自動車重量税 7,500円
自賠責保険料 36,780円
OSS申請代行費用 26,568円
希望ナンバー 5,940円
預かり法定費用 8,600円
車庫証明法定費用 2,700円
印紙代 14,540円

合計 14,164,158円

外観の雰囲気はこんな感じになりますが、カスタムはやはり必須で、A〜Cピラーをブラックにラッピングし、ホイールをゴールドもしくはブロンズにペイントすればかなりいい雰囲気になるのではと考えています。

レクサス的に考えるLC500の仮想ライバルは「ジャガーFタイプR(1401万円)」「ポルシェ911カレラS(1584万円)」「BMW 650i(1050万円)」「メルセデス・ベンツSクラスクーペ(1477万円)」とのことですが、ぼくとしてはスポーツカーよりもラグジュアリーカーがライバルとしては妥当で、その意味ではBMW 650i、メルセデス・ベンツSクラスクーペがよりライバルとして近いのかもしれません。

ただし実際のところBMWやメルセデス・ベンツの顧客がレクサスと競合するというのは考えにくく、実際は国産車オーナーで比較的金銭的余裕がある人が潜在的顧客になるのかもしれない、と思います。

もしくは今までスポーツカーを購入したことがない人がレクサスLC500を指名買いする可能性もあるのかもしれません(例えばレンジローバー・イヴォークの顧客のうち一定割合はその外観に惹かれて購入しており、それまで自動車を購入したことがなかった、また自動車に興味のなかった人、と聞きましたが、それに近いかもしれない)。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■自動車・バイクの購入検討/比較など
-, , , , , ,