>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【試乗:メルセデス・ベンツGLCクーペ】装備や品質など総合的に競争力が高いスタイリッシュSUV

投稿日:

メルセデス・ベンツGLCクーペに試乗。
グレードはディーゼルエンジン搭載の「GLC220d 4MATICクーペ・スポーツ(775万円)」。
ボディサイズは全長4735、全幅1890、全高1605ミリとなっており、当然ながらGLEクーペよりはずいぶん小さく、「現実的」なサイズですね。








なお流麗なボディサイズを演出するためかGLCに比べて75ミリ長くなっており、一方で全高は40ミリ低いスタイリング。
その手法はGLEクーペ同様ですが、GLEクーペほどボディサイズに余裕がないためにややイメージが異なり、そこは致し方ないところ。

こちらが箱型ボディの「GLC」。
GLCクーペはこのGLCのクーペモデル、という位置付けですね。

そしてこちらがGLCクーペ。

こちらが一つ大きなクラスの「GLEクーペ」。
画像ではGLCクーペとの差異がわかりにくいのですが、フロントだとボンネットの高さ、サイドだとドアの天地、リアだとトランクリッドの高さについて圧倒的にGLEクーペが高く、しかしグラスエリアについてはGLEクーペは「小さい(小さく見える)」デザイン。
GLEクーペは、GLCクーペ車体上部そのままで(ウインドウよりも下の)車体下半分を大きくしたといった印象を持っています。

これによって重厚感、安定感が増しているような視覚的印象を受けますが、全長4900、全幅2003(2メートル超え!)、全高1731ミリという相当に大きなサイズを持っており、GLCクーペの全長4735、全幅1890、全高1605ミリに比べてもかなり余裕があるので、デザイン的に「できること」の幅も大きいのでしょうね。

例えばGLEクーペは巨大なボディを持つためにグリーンハウスを小さくして「踏ん張った」印象を出すことができますが、GLCクーペだとボディサイズの関係上グリーンハウスを物理的に(居住性が犠牲になるため)小さくできないので、ちょっと「普通っぽい」スタイルに。
加えて幅や長さが限られているのでボディの「厚み」を持たせることができず、ここでも「大きなボディ、小さなグリーンハウス」を持つGLEクーペとはやや異なる印象を持つことに(BMW X6とX4とのサイト同じような感じ。そこまでは大きくないけれど)。

それでもGLCクーペのSUVらしからぬスポーティーで優雅なスタイルは他のメーカーには見られないものであり、かなりな競争力を発揮しそうです。

室内についても高級感とスポーティーさが同居しており、最新のメルセデス・ベンツのデザインを踏襲。
メーター周りも奥行きがあり、これはスポーツカーのようなイメージを受けるところですね。

各種スイッチを操作してシートやミラーの角度などを合わせますが、これらスイッチの操作したタッチ、そもそも「初めて乗る車なのに」直感的にそれらスイッチがある場所がわかるという優れたインターフェースはメルセデス・ベンツならでは。
こういった部分の「真面目な作り」は他メーカーの追随を許さないところだと思います。

スタートボタンはステアリングコラム脇にありますが、このボタンが妙に大きいのが面白く、最近のプッシュ式スターターを持つ車のスイッチがどれも似た様なサイズを持つ中では「異色」とも言えるものの、このスイッチの質感や重厚感は「エンジンに火を入れることの重要性」を改めて認識させられます。

こういった部分が「メルセデス・ベンツならでは」だと考えていますが、一つ一つのパーツが持つ「重厚感」が他メーカーとは異なると考えていて、これが実際に所有して毎日乗った時の満足感にもつながることになり、「他メーカーの車では満足できない」メルセデス・ベンツならではの魅力を醸し出しているのでしょうね。

GLCクーペ220dはその名称の通りディーゼルエンジン搭載ですが、車内にいる限りはほぼディーゼルエンジンだと感じさせることは皆無。
ディーゼルエンジン搭載のSUVだとジャガーF-PACE、マツダCX-5に試乗しましたが、いずれに比べても振動やインジェクター音はかなり低く抑えられており、ガソリンエンジンからの乗り換えでも違和感なく乗ることができそう(普段EVに乗るぼくがそう感じるので、実際の所かなり静かだと思う)。

コラムシフトを操作してDレンジに入れ走行を開始しますが、実際に走り出しても静かなのはさすがで、他のディーゼルエンジン車だと加速時にはさすがにディーゼルっぽい音が出るものの、GLEクーペでは静かさを保ったまま。

しばらく走ってみますが、ハンドリング、足回り、ブレーキいずれも高いレベルにあり、ちょっと前の世代(GLAなど)に比べると格段の進歩を遂げていることもわかります。
それは不整路を通過した時のボディの振動(少ない)、ステアリングフィールの自然さ、急な段差での衝撃の小ささなどに感じられますが、これはメルセデス・ベンツがSUVを連発することで、「SUVに作り慣れてきた」からなのかもしれません。

それまでは高い重心、大きな最低地上高、セダンに比べて重い車体を扱いかねる印象があり、場面によってはちょっと不安定な動きをしたり乗り心地が悪いと感じる場面がありましたが、GLCクーペではそういったネガティブな印象は皆無。
その分価格はかなり高くなってしまってはいますが、十分にその価値はあるかもしれません。

価格においては「GLC200クーペ」の627万円から最上位グレードの「メルセデスAMG GLC43 4MATICクーペ」の910万円まで。
これはジャガーF-PACE(F-PACE PUREで639万円、F-PACE Sの981万円)とちょうどオーバーラップする価格帯で、BMW X4の712万円、ポルシェ・マカン(685万円〜1160万円)も競合として視野に入るゾーンですね。

レーダーセーフティシステム、ブレーキアシスト、360度カメラなど最先端の安全装備も標準されており、この辺りはライバルに対してちょっと有利と思えるところ。
実際にこれらライバルに試乗した感じでは、上質さではジャガーF-PACE、運動性能だとポルシェ・マカンが勝るといった印象ですが、装備や品質まで総合的に考えるとGLCクーペが勝るのでは、と考えています(あくまでも主観ですが)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.