ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニの限定車関連

2017年に納車される高額な車トップ20。1位は約5億円、日本限定フェラーリもランクイン

2017/09/25


Motor1にて、「2017年に購入出来る車の中で、最も高価なものベスト20」が公開に。
リストの中にはすでに「完売」が報じられているものもありますが、「2017年に納車が行われる」という意味で捉えているものと思われます。
ここで早速そのリストを見てみましょう。

20位 パノス・エスペランテGTR−1 89万ドル
パノスというとル・マンを走るレーシングカーという印象ですが、今回そのストリートバージョンを発売。
600馬力を発生するV8エンジンを搭載、と言われます。

19位 パガーニ・ウアイラ 107万ドル
すでに予定販売台数に達したと言われますが、これからも納車は続きそうです。
V12ターボ、720馬力。

18位 アポロ・アロー 110万ドル
グンペルトが破産後に香港企業に買われ、「アポロ」として再スタート。
そのアポロが発売する第一号者が「アロー」ですが、1000馬力を発生する4リッターV8エンジン(アウディ製) 搭載予定。
ただ、実際に発売されるかどうかは成り行きを見守る必要がありますね。
アポロ”アロー”が公開に。1000馬力、最高時速は360キロを標榜

17位 NIO EP9 120万ドル
中国産のスーパーEVで1341馬力を発生するとされるものの、こちらも発売はちょっと不透明。
中国製ハイパーカー、NIO EP9が「自動運転車」でのコースレコード樹立。ニュルでもGT-Rを超えるタイム

16. Mazzanti エヴァントラ 120万ドル
イタリアのベンチャーが計画しているハイパーカー。
こちらも1000馬力の出力を予定しており、限定生産台数は25台とされます。
やはり発売されるかどうかはわからない車ですね。
イタリアでもっともパワフルで速いハイパーカー登場。Mozzanti Elantra Millecavalli

15位 Arash AF10 ハイブリッド 150万ドル
6.2リッターV8に4つのモーターを備えるという、トンデモスペックの車ですが、2080馬力を発生するとされています。

14位 SCG 003S 180万ドル
最近急に話題が多く出るようになったハイパーカーですが、800馬力を発生しニュルブルクリンク最速を目指す模様。
ニュルブルクリンクを6分30秒で周回?富豪が開発を進めるスーパーカーの実車が公開に

13位 ZENVO ST1 180万ドル
地味ですが「ちゃんと発売して」実績のあるゼンヴォ。
最新モデルは1163馬力を誇るとされています。
ZENVOが10周年記念モデル、1163馬力のST1GTをジュネーブで公開

12位 Wモータース フェニア・スーパースポーツ 185万ドル
ライカン・ハイパースポーツより安価な価格設定ですが、パフォーマンスについてはルーフ製900馬力エンジン搭載なので「侮れない」実力の持ち主と考えられますね。
ライカン・ハイパースポーツの過激版「Fenyr スーパースポーツ」が公開に

11位 ケーニグセグ・レゲーラ 190万ドル
ケーニグセグ初のハイブリッドカーですが、ツインターボV8エンジンとモーターあわせて1500馬力を発生。



10位 ランボルギーニ・チェンテナリオ 190万ドル
すでに完売して購入することはできませんが、ランボルギーニによる、創業者フェルッチョ・ランボルギーニ生誕100週年記念車(40台限定)。
納車が始まっており、何台か目撃例がありますね。
エンジンは自然吸気V12、770馬力。

9位 ラ・フェラーリ・アペルタ 220万ドル
ラ・フェラーリのオープン版ですが、限定台数はずっと少ない209台。
ラ・フェラーリ・アペルタがパリにてデビュー。トップはソフトとハードが選択可能

8位 パガーニ・ウアイラ・ロードスター 240万ドル
ジュネーブ・モーターショーで発表されたばかりのウアイラ・ロードスター。
文字通りウアイラのオープンモデルですが、エアロパーツなどクーペとの相違が見られます。
エンジンはV12ツインターボ、752馬力を発生。
当然ながら「完売」と伝えられています。
パガーニ・ウアイラ・ロードスター公開。100台限定で2億8000万円、すでに完売


7位 フェラーリJ50 250万ドル
フェラーリの日本正規輸入開始50周年を記念した「フォーリ・セリエ」。
V8ツインターボ(690馬力)をミッドにマウントし、限定台数はわずか10台。
「最も希少なフェラーリの内の一台」と言っても良さそうですね。
フェラーリが日本専用限定モデル「J50」発表。わずか10台のみの特別モデル

6位 ブガッティ・シロン 260万ドル
購入に審査があることで有名なブガッティ。
その最新モデルが1500馬力を発生するシロンですが、生産予定台数は500台ながら、すでに250台の受注を集めていると報じられます。
ブガッティ「シロン」ついにオフィシャル公開。タイヤ交換に400万必要なヴェイロンより「維持費は安い」

5位 パガーニ・ウアイラBC 260万ドル
ウアイラの過激モデル「BC」。
BCとはパガーニの最初の顧客で、僅かなお金だけを持ってアメリカに渡り財をなした人物のイニシャル。
789馬力の強力なエンジンを持ち、重量は1218キロまで軽量化され、限定台数20台のみの超レアモデルと言えますね。
パガーニ・ウアイラBCが公開。3億7000万円にもかかわらず既に完売

4位 Icona ブルカノ・チタニウム 280万ドル
6.2リッター、スパーチャージャー搭載にて670馬力を発生するエンジン(コルベットZR1と同じもの)を搭載し、フルチタンボディを持つブルカノ・チタニウム。
航空機モチーフとされていますね。
世界初、フルチタンのハイパーカー、「ICONA VULCANO」公開。価格はなんと3億円

3位 アストンマーティン・ヴァルキリー 300万ドル
アストンマーティンとレッドブルとの共同開発によるハイパーカー。
F1の禁じ手となったデバイスを用い、モータースポーツの枠すら超越したまさに「ハイパー」な車。
その名は「ヴァルキリー」。アストンマーティンがハイパーカーAM-RB001の名称を公開

2位 ライカン・ハイパースポーツ 340万ドル
ルーフ製の3.7リッターツインターボエンジンを搭載する、中東のWモータース発売のハイパーカー第一号。
価格が高価な理由として、ダイアモンドなど高級素材の使用も挙げられています。
Lykan Hypersportsが販売中。約4億円のまさにハイパーカー

1位 ランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスター 450万ドル
9台のみ製造される(クーペは3台)、ヴェネーノのオープンモデル。
エンジンは自然吸気V12、出力は750馬力となっています。
ヴェネーノ・ロードスターの20%が香港に。ランボルギーニ香港より

->アストンマーティン(Astonmartin), >パガーニ(PAGANI), >フェラーリ(Ferrari), >ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニの限定車関連
-, , , ,