>ジャガー(Jaguar)

ジャガーが完全復元されたE-Typeを公開。「リボーン」プロジェクトにて限定10台をレストア

投稿日:2017/04/10 更新日:

ジャガー・ランドローバーは現在レストアに注力しており、旧車を完全レストアして新車のコンディションに蘇らせる「リボーン」プロジェクトを開始。
すでにこれによって「復刻」された初代レンジローバーがすでに公開されていますが、今回はジャガー・シリーズ1 E-Typeが完全復元されています。

レンジローバーと同じく「10台のみ」の復元となり、まず1台目はオパールセント・ガンメタル・グレーの個体。
ベースは1965年に生産された個体とのことで、やはり当時と同じスペックにてレストアされています。

なおレストア前の走行距離は78000キロに達し、ジャガー「リボーン」のスタッフは一旦全てをバラバラにした上で使えるパーツとそうでないパーツを分類。
そのまま使用するのが危険なパーツは新品に置き換えている、とのこと。

パネルの一部も新品に置き換えられているそうですが、スポット溶接も当時そのままで、レンジローバーにおいても「何一つ改良せず、当時のまま」とした通り、E-Typeでも何も変えずに復元しているようですね。

ただ、顧客が望めば「アップグレード」も可能で、クーリングシステムやブレーキシステムなどはのちのE-Typeに用いられているものへと交換できる模様。

このレストアされたジャガーE-Typeについて、価格は約4000万円とされていますが、この価格だと今までのE-Typeのオークションでの落札価格を見る限り、「安すぎる」ようにも思えます。

関連投稿:ジャガー・ランドローバーが旧車のレストアビジネスを再スタート。「JLRクラシック」

open

ジャガー・ランドローバーが自社の旧車をレストアするビジネスを再スタート。
以前は「ヘリテージ・デイビジョン」として活動していたものですが、今回「ジャガー・ランドローバー・クラシック」として仕切り直したことになります。

ジャガー・ランドローバー・クラシックではこれまで通り顧客の車をレストアするほか、自社でレストアした車両を販売したり、昔のパーツも販売する模様。
ポルシェやフェラーリ、ランボルギーニはすでにレストア部門をビジネスとしてスタートさせていますが、歴史の古い会社だからこそできる事業ですね。

JLR-Classic-02

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ジャガー(Jaguar)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.