ad-728





>テスラ(TESLA) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等

テスラが2017年に初めて「第1四半期に25,000台を販売」。2018年には通年で50万台が目標

2017/05/11


テスラの発表によると、2017年において、初めて第1四半期の出荷が25,000台を超えた、とのこと。
これは昨年に比べると69%もの伸びとなり、内訳としてはモデルSが13,450台、残りがモデルXとのことなので、「およそ半数が」モデルXということになりますね。

なお2018年にはモデル3の生産が本格化しますが、イーロン・マスクCEOによると「2018年にはトータルで50万台のデリバリーが可能」とのこと。
モデル3は6月から生産が開始されるとされますが、まずは週1,000台ペースからはじめ、8月には週2,000台と徐々にペースアップし、年末には週5,000台まで生産を引き上げる見込み。

これによって2018年では43万台を製造・販売すると豪語していますが、この43万台というのは「2016年に世界中で販売されたEVの総数よりも大きな数値」で、BMW"i"シリーズだと、今年でようやく累計10万台、というところ。

そのためこの数字には多くのアナリストが懐疑的で、「まず無理」とするのが大半。
ですが、モデル3発表時には「まず無理」と思われた以上の台数を予約受注しており、不可能を可能にするのがテスラなのかもしれません。

->テスラ(TESLA), ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等
-, , , , ,