>シトロエン/DS(CITROEN/DS)

シトロエンの現行バンを70年前の「タイプH」へ。外装のみを入れ替えるキットが発売

投稿日:2017/04/22 更新日:

シトロエンの商用バン、「ジャンパー」を往年の名車、シトロエン・タイプHにコンバートするキットが公開に。
これはデザイナーのファブリッツォ・カセラーニ氏とデビッド・オベンドーファー氏が企画したもので、現行シトロエン・ジャンパーのバンパーなど一部パーツを交換、もしくは外装に貼り付けるもの。

折しもシトロエン・タイプHは1947年にリリースされ、今年で70週年となりますが、それを記念してコンバージョンキットは「70セットのみ」限定発売。
なおコンバートはイタリアにて手作業で行うとのことなので、残念ながら近隣の国でしか購入ができないのかもしれません(左がコンバージョンキットを装着したもの、右がオリジナルのシトロエン・タイプH)。

キットはこういった感じで装着にも大きな加工は必要なさそう。

日本でもこういった「レトロ調のバンに」コンバートするキットがありますが、自動車メーカーからも限定でいいので「外観だけ復刻した車」を出してくれればいいのに、と思います。
それが難しいようであればマスタングやカマロ、チャージャー/チャレンジャーのような「昔のデザインをイマ風に」蘇らせたデザインができないものか、と考えたりします(たぶん日本人はそういったデザインを好む層が多いのではと推測)。

VIA:Motor1

関連投稿:さすがはフランス。シトロエンとル・コックのタッグにて「タイプH」がオシャレに復活

シトロエンとスポーツウェアブランドのル・コックがコラボ。
これはシトロエンの「タイプHバン」70周年を記念してのプロジェクトで、現行の車両(Jumpy)をシトロエン自らが内外装とも当時のタイプH風にフルカスタムしたもの。

なお、同じようなことを考える人もいるもので、イタリアのアーティストが「外装を入れ替えてタイプH風にする」キットを発売していますね。

新しくカスタムされた「タイプH」バンはイベントなどで自転車のメンテナンスほかサポートを行うワークショップ機能を想定しており、外装にはフレンチトリコロールがあしらわれるお洒落な仕様に。

この車両はイギリスのバーミンガムで開催される商用車両のショーに展示されるとのことですが、その後もル・コックのイベントにて使用される予定、とのこと。

こちらは現行モデル。

微妙なブルーとレッドの使い方がオシャレですね。

ラダーのカラーリングもナイス。

新旧並んだ図。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シトロエン/DS(CITROEN/DS)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.