ad-728

>アウディ(Audi) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アウディ・ジャパンが整備内容を動画で伝える「アウディカム」導入。見積もりも同時送信

Pocket
LINEで送る

アウディが入庫整備の際などに、その整備内容を動画で伝える「アウディカム(Audi Cam)」を導入、と発表。
これは1年間のテスト運用を経て4/1から本格的に運用する、としています。
BMWでも実験が始まっていますが、全面的な運用は自動車ディーラーだとアウディが初、とのこと。

運用の流れとしては下記の通り。
BMWが運用しているものに比べると内容がより細かく、返信が必要なところが相違点となっています。

販売店は、お預かり車両の点検・整備対象箇所の状態を音声による説明と共に撮影し、Audi Camメッセージを作成してお客様に電子メールを送る。
お客様が都合の良い時に電子メールに掲載されているビデオリンクをクリックすると、Audi Camのサイトが立ちあがり、お客様向け整備項目が重要度(緑、黄、赤の3色で表現)と共に表示される。
お客様は各整備項目についての動画と見積りを確認し、整備項目ごとに作業を実施するかどうかを選択して「選択を返信」を押す。
お客様が選択を返信すると、販売店にお客様が希望する作業内容を通知する電子メールが届く。
販売店は、お客様が希望する作業内容を実施し、完了したら電子メールでお客様に連絡する。

なおBMW版は
1.スマホにショートメッセージにて「点検終わりました」という内容とURLが送信
2.そのURLを開くと自分専用ページが立ち上がり、動画にて点検内容を解説しているものが確認可能
という感じ。

ただしぼくの場合は点検について無料の範囲だったので「確認」プロセスがなかったと思われ、点検後に(有料で)それを実施するかどうかの判断が必要な場合は、またこれと異なる流れだとは思われます。
この「動画サービス」についてはサードパーティーのプラットフォームを使用しているようなので、おそらくは他メーカーも同様にこのサービスに参入してくるのかもしれません。



->アウディ(Audi), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , ,