ad-728



>スウェーデン車 >中東の自動車メーカー

中国系メーカーにケーニグセグがエレクトリックシステム供給。0-100キロ3秒の車が誕生

2017/06/18

Pocket
LINEで送る

上海モーターショーにて、Qorosとケーニグセグが再びタイアップ。
昨年、Qorosはケーニグセグの開発した「カムレス」エンジンを搭載したコンセプトカーを発表しましたが、今回はケーニグセグの開発したエレクトリック・パワートレーン(レゲーラに搭載されるもの?)を搭載した「9 QlectriQ」。

これは0-100キロを3秒程度で加速するスーパーカーレベルのパフォーマンスを持つ車で、その一方航続可能距離は500キロという高い実用性を誇ります。

Qorosはイスラエルと中国との資本が入った会社で、デザイナーはBMWミニ(R50/R56世代)をデザインした、マーティン・ヒルデブランド氏。

ケーニグセグは言わずと知れたハイパーカーメーカーですが、エンジンなどコンポーネントを「ほかから買ってくる」のではなく、トランスミッションやカーボン製ホイールも自社で開発しているのが特徴(一方パガーニはメルセデスAMGからエンジンの供給を受けている)。

その分開発コストはかさみますが、スパイカーやクオロスにもエンジンやハイブリッドパワートレーンを提供するなど「車体以外の販売」を見込むことができ、将来的には劇的に収益が改善する可能性も秘めているのかもしれませんね。

->スウェーデン車, >中東の自動車メーカー
-, , ,