ad-728





>フェラーリ(Ferrari) >ポルシェ・パナメーラ関連

ポルシェがパナメーラ・スポーツツーリスモの国内価格を発表。1297万円より

2017/09/26


ポルシェがパナメーラ・スポーツツーリスモの価格を発表。
すでに4/7から受注を開始しています。
やはり日本ではディーゼルモデルの導入はなく、「パナメーラ4 スポーツツーリスモ」「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」「パナメーラ4 S スポーツツーリスモ」「パナメーラターボ スポーツツーリスモ」の4モデルがまずは発表に。

なおパナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモのみ「左ハンドル」の注文が可能ですが、これは4/7から4/26までの期間限定。
718ボクスター/ケイマンも期間限定にて左ハンドルの受注を行っていましたが、ポルシェも「基本的に右ハンドル」という流れが定着しそうです(一部モデルを除くと左ハンドルが注文できない)。

パナメーラ(セダン)との価格差ですが、たとえばパナメーラ4(セダン)の価格は11,828,000円、パナメーラ4 スポーツツーリスモは12,973,000となっており、その差は1,145,000円。
これが「パナメーラ・ターボ」になるとセダン23,270,000円、スポーツツーリスモ24,533,000円となっており、差額は1,263,000円。

パナメーラ・スポーツツーリスモの対抗馬は現状「無い」とも考えられ、強いて言うならば各社が発売するSUVかもしれません(人や物を乗せたいけれど、やはりSUVはちょっと、という層も存在)。

なおフェラーリのシューティングブレーク「GTC4ルッソT」は2,970,000万円なのでパナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモよりかなり高価ですが、仮に残価設定ローンを使用(3年)すると、フェラーリGTC4ルッソTは75%、ポルシェ・パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモは50%と思われるので、それぞれの「支払額」は下記の通り。

フェラーリGTC4ルッソT・・・29,700,000円×25%=7,425,000円
ポルシェ・パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモ・・・24,533,000×50%=12,266,500円

つまりは3年の間にフェラーリGTC4ルッソTは742万円を支払い、ポルシェ・パナメーラ・ターボ・スポーツツーリスモは同じ期間に1226万円を払わなくてはならないので、(総額にかかる金利を考慮しても)「フェラーリGTC4ルッソTのほうが安く買える」ということになりますね。

関連投稿:日本でもパナメーラ・スポーツツーリスモのサイトがオープン。ハイブリッドのコンフィギュレーターも

ポルシェが本国サイトにて、パナメーラ・ターボS Eハイブリッドのカーコンフィギュレーターを公開。
まだ日本ではカーコンフィギュレーターまでは準備されていないものの、(日本でも)パナメーラS Eハイブリッドはもちろん、「パナメーラ・スポーツツーリスモ」のページが公開されていますね(価格は”未定”)。

なお日本では「パナメーラ4 スポーツツーリスモ」「パナメーラS スポーツツーリスモ」「パナメーラ4 E ハイブリッド スポーツツーリスモ」「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」の4つが発売されるようで、欧州で展開される「ディーゼル」は入ってこない模様。
それでもパナメーラのラインアップはなんと15種類にまで拡大することになり、911の「25」に次ぐ大規模なシリーズとなっています。

ちなみにパナメーラには「ボディカラー同色仕上げホイール」がオプション設定されており、ボディカラーによっては相当に目立つことになりそうです(中国で人気が出そう)。

関連投稿:パナメーラ製造風景の画像が公開に。工程のほとんどはロボットが担当

m2u2ceupvrdldb9dtk54

JALOPNIKにて、新型ポルシェ・パナメーラの製造風景が公開に。
ファクトリー・ツアーに参加した様子をUPしていますが、工場はほぼ自動化されておりマシンによってパナメーラがガシガシ製造されているようですね。

yr4ovechooiyn2ptyuir

ポルシェもかつては生産キャパシティの問題で外部に生産を委託したり、コストとの兼ね合いで中国への工場建設を考えていたようですが、後に「本国生産にこだわる」と方針を固め、すべて自社の工場で車を製造することにし、巨大な工場を建設するに至っています。

dk3n2s5gbissqyfzsugh

navqr02larfvfenbeoqa

xigqnbndvrbv2k4ddeq3

こちらはポルシェがオフィシャルにて公開する最新動画。
パナメーラのデザインについての紹介です。

->フェラーリ(Ferrari), >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,