ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >テスラ(TESLA)

新型テスラ・ロードスターはこうなる?というレンダリング。トヨタFT-1をベースに作成

2017/05/22

次期テスラ・モデル・ロードスターはこうなる?というレンダリング。
テスラ・ロードスターの新型について、イーロン・マスクCEOは「ある」としながらも「最優先ではない」と発言。
加えて、テスラ・ロードスターは「テスラ最速」となるということにも言及しています。

テスラ「最速」となるとそれなりのバッテリー容量が必要で、となると初代テスラ・ロードスターのようにロータス・エリーゼをベースにするわけにもゆかず、となるとテスラによる専用開発シャシー採用、もしくはモデルSベースという線が濃厚。

なお北米ではオープンモデルが比較的好まれますが、それでもテスラの成功は「オープンモデル抜き」。
ここでラグジュアリーなオープンモデルを発売すれば人気が更に加速する可能性もあり、モデルXの小型版、モデルYの次こそは「ロードスター」の登場かもしれませんね。

なお今回のレンダリングはトヨタFT-1をベースにしており、「バンザイ・ドア」を追加。
そのレンダリング作成の様子については動画にて紹介しています。

関連投稿:テスラ・モデル3にワゴン/SUVがあったら?というレンダリング

tesla-model-3-sportwagon-crosswagon-render-1

おなじみX-TOMIがテスラ・モデル3のワゴン版レンダリングを作成。
車体を延長してステーションワゴン風にしたものと、それに樹脂のクラディングを装備してちょっとワイルドに仕上げたもの。

現在のところEVの課題は「重量」で、重くなった車を動かすのにまたバッテリーを増やして重量が増えてしまうという現実があり(重量が増えるとそのぶんバッテリー消費も大きい)、SUVや大きな車は各社ともなかなか作れないのが現実。
ほかのEVだとBMW i3や日産リーフ、三菱i-Miev、シボレー・ボルトなどがありますが、いずれもさほど大きくはない車です。

tesla-model-3-sportwagon-crosswagon-render-2

過去にはフィスカー・カルマがありましたがこれは消滅しているので、やはり大きな車で満足のゆく性能を発揮するのは難しい、ということなのでしょうね。

ただ、テスラだけはモデルSやモデルXなど大きな車/SUVをリリースしており、そこがやはりズバ抜けた部分と考えられます。
今後はあうでぃがe-tron R8やSUV、ジャガー・ランドローバーもSUVのEVバージョン、ポルシェではミッションEコンセプトの市販バージョンの登場も予定されており、EVにおいてもSUVなどスペースユーティリティの高い車が増えてくるのかもしれませんね。

関連投稿:テスラ・モデル3ロードスターはこうなる?というレンダリング登場

Tesla-Roadster-2019-b

新型車の派生車種レンダリングにかけてはもはや常連となったThephilus Chin氏による、「テスラ・モデル3ロードスター」のレンダリング。

テスラ・モデル3はその発表直後に115000件のオーダーが入ったことを明らかにしていますが、それはさらに増え続け20万件に達する模様。

なおテスラCEOイーローン・マスク氏は2019年に新型ロードスターを登場させることを明言しており、その名称は明らかにされていませんが"maximum plaid"と呼ばれるモードを搭載し相当な速さを誇る車となるようですね。

イーロン・マスク氏はなにかにつけ故スティーブ・ジョブズ氏を意識していると言われますが、自動車業界での成功はまさにアップル並みの「神話」となりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >テスラ(TESLA)
-, , , , ,