ad-728





>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

イエローのボディにレッドの幌を持つメルセデスAMG GTCロードスターが目撃に

2017/08/17

イエロー(サンビーム)にレッドの幌を持つAMG GTCロードスターが目撃に。
このイエローのボディカラー自体は数十万円のオプションですが、幌(トップ)のカラーはレッド、ベージュ、ブラックが選択可能。
ホワイトにレッドのトップと言うのはよく見かけますが、イエローにレッドのトップはけっこう珍しいですね。

現在多くのオープンモデルにおいてはブラック、レッド、ベージュ(もしくはブラウン)のトップが選択できるようになっており、これはランボルギーニ(ウラカン・スパイダー)でも同じ。
ポルシェにおいてはブルーのトップも選択でき、内装とあわせてかなり幅の広い純正カスタムが楽しめるのが現状です。

よってホワイトのボディにブルーのトップとブルーの内装で爽やかに、という選択も可能ですし、ブラックのボディにレッドのトップと内装、というコントラストの強いカラーも選択可能。
はたまたブラウンにブラウンのトップ、ブラウンやパープルにレッドのトップ、ブラウンやベージュ内装などエキゾチックな組み合わせも近年では選べるようになっており、同じ車でも全く異なるイメージを演出できるようになっている、と思います。

VIA:Autogespot




関連投稿:AMGがGTのワゴン版を発売したら?というCG。意外とイケていて発売希望

Rain Prisk氏による、AMG GTのシューティングブレーク。
なかなか良くできていて「けっこういいかも」と思います。
AMGは独自車種を拡大したい意向であり、専売モデル「GT」に続いてジュネーブではポルシェ・パナメーラに対抗する4ドア版コンセプトを発表予定と言われます。

加えてポルシェ・ボクスターやアウディTTへ競合をぶつけてくる可能性もあるようですが、今のところ競争が激しくない「スポーツカーのシューティングブレーク版」を投入するのもいいかもしれません。
メルセデス・ベンツは現在「クーペSUVにかなり力を入れている」状況ですが、逆に「スポーツカーのワゴン化」を進めても良さそうです。

なおスポーツカー×シューティングブレークというと現代では「フェラーリFF/GTC4ルッソ」ですが、ちょっと意味合いは異なるものの、ぼくの記憶に残るのは「アコード・エアロデッキ」。
人気があったような無かったような微妙な車ではありましたが、ぼくは鮮明に覚えているので、それなりのインパクトがあったのでしょうね。
3ドアワゴンボディ、かつリトラクタブルヘッドライトを持っていますが、ホンダらしく、例によって「早すぎた」登場だったのかもしれない、考えたりします。

もう一台、外せないのは「日産エクサ(EXA)」で、こちらも斬新なコンセプトを持つ車でしたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , , ,