ad-728

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ちょっとバランスおかしくない?VWがI.D.第三弾、EV&自動運転「I.D. Crozz」公開

Pocket
LINEで送る

Autodesk VRED Professional 2017 SP1

フォルクスワーゲンが上海モーターショーにて展示する新型コンセプトカー「I.D. Crozz」を公開。
これまでも「I.D.(ハッチバック)」、「I.D.Buzzマイクロバス」を公開しており、I.D.シリーズ第三弾、ということになります。
ボディタイプとしてはクーペスタイルのセダンですが、タイヤがかなり大きいために最低地上高がかなり高くなり、「クロスオーバー」というのがシックリきそうですね(ちょっとバランス的には違和感がある)。

I.D. Crozzは前後に一つづつのモーターを持つEVで、これは他のI.D.シリーズと同じ。
出力はフロント101馬力、リア201馬力で合計302馬力となっており、0-100キロ加速は6秒以下、航続可能距離は311キロ。

Autodesk VRED Professional 2017 SP1

バッテリーは30分で容量の80%までチャージできるとされ、搭載位置はフロアとなるために重心も低く抑えることができる、としています。
なおトランスミッション(というよりトランスファー?)を二つ搭載し、前後でトルクのやり取りができる(つまりフロントにリアモーターのパワーを伝達できる)としています。

Autodesk VRED Professional 2017 SP1

加えて自動運転機能も備えており、ドライバーが介在せずとも「車だけで」自律運転が可能。
ルーフの上にある四つの丸い物体が「レーザースキャナー」で、これにて周囲の状況を把握するようですね。

VWの会長によると「これが私たちの未来を100%予言する車だ」と自信を持って紹介しており、2020年には発売、としています。
なおメルセデス・ベンツ、BMWは「完全運転の実現には10年以上は必要」としていますが、VWは2020年にこれを実現させるということになり、どこまで開発が進んでいるのかはちょっと気になるところ。

Autodesk VRED Professional 2017 SP1

VWはディーゼル不正事件にてかなりの打撃があり、かつそれまで欧州で多くを販売していたディーゼルに頼ることができなくなったために「エレクトリック化」を急務として進めていると思いますが、それでもなかなかEVが増えないところを見ると、EVの開発や発売は想像するよりずっと難しいのでしょうね(その意味でもやはりテスラは驚異的)。



->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,