ad-728

>アウディ(Audi)

アウディが「E-tronスポーツバック」コンセプト公開。2019年には市販の予定

Pocket
LINEで送る

アウディが上海モーターショーにて「E-Tronスポーツバック・コンセプト」公開。
先日よりティーザー画像や動画が公開されていたものですが、ついにその全容が明かされたということに。
クーペスタイルのSUVということになりますが、先日公開されたQ8に比べてもリアのスロープは大きく、こういったボディ形状はアウディ「初」。

全長は4.9メートル、幅1.98メートル、高さ1.53メートル、と幅に対して高さはかなり抑え気味。
なお全長と全幅は現代ではかなり「現実的」なサイズですね(BMW M6、メルセデス・ベンツGLEクーペと同じくらいか、むしろ小さい)。
一方でホイールは23インチ、とかなり大きめ。

フロントではヘッドライトが薄く、「カラス天狗風」グリルがかなり強調されることに。
なお、このデザインは最近北米で目撃された「T-ROC」でも採用されており、今後VWアウディグループに拡大採用される可能性がありそう(もとはというと、シロッコ登場前のコンセプトカー”I-ROC”で採用されたデザイン)。

フロント/リアのフォーリングスが光るのはすでにティーザー動画で公開された通り。
リアのフォーリングスはブレーキランプ連動にてレッドに発光する模様。

テールランプもかなり独特で、現行アウデイとの類似性がなく、新しい時代の幕開けを感じさせますね。

サイドミラーは無く、代わりにカメラを採用。
実際にこの車が市販されるのであればミラーが標準、カメラがオプション(ランボルギーニ・ウルスと同じ?)になるのかもしれません。

最近ではフラッシュマウントのドアハンドルが流行中ですが、E-tronスポーツバックではドアハンドルそのものがなく、「タッチ式」でのアンロックを採用。

インテリアは先進的、クリーンかつシャープでエクステリアを整合性が取れたもの。

E-tronスポーツバックはその名の通りEVですが、フロントに1つ、リアに2つの「3モーター構成」。
通常は429馬力、ブースト機能にて496馬力を発生する、とのこと。
これによって0-100キロ加速は巨体にも関わらず4.5秒を記録。
航続可能距離は500キロ、と公表されています。

Static photo, color: Lux Silver

なお、このE-tronスポーツバックは「単なるコンセプト」ではなく、2019年には実際に市販の予定、とされています。
価格や具体的な発売時期は未公表ですが、2019年辺りからアウデイでは急激にブランニューモデルが増えてきそうですね。
アウディジャパンによるプレスリリースはこちら



->アウディ(Audi)
-, , , , ,