ad-728

>アウディ(Audi)

アウディが「E-tronスポーツバック」コンセプト公開。2019年には市販の予定

2017/05/19

Pocket
LINEで送る

アウディが上海モーターショーにて「E-Tronスポーツバック・コンセプト」公開。
先日よりティーザー画像や動画が公開されていたものですが、ついにその全容が明かされたということに。
クーペスタイルのSUVということになりますが、先日公開されたQ8に比べてもリアのスロープは大きく、こういったボディ形状はアウディ「初」。

全長は4.9メートル、幅1.98メートル、高さ1.53メートル、と幅に対して高さはかなり抑え気味。
なお全長と全幅は現代ではかなり「現実的」なサイズですね(BMW M6、メルセデス・ベンツGLEクーペと同じくらいか、むしろ小さい)。
一方でホイールは23インチ、とかなり大きめ。

フロントではヘッドライトが薄く、「カラス天狗風」グリルがかなり強調されることに。
なお、このデザインは最近北米で目撃された「T-ROC」でも採用されており、今後VWアウディグループに拡大採用される可能性がありそう(もとはというと、シロッコ登場前のコンセプトカー”I-ROC”で採用されたデザイン)。

フロント/リアのフォーリングスが光るのはすでにティーザー動画で公開された通り。
リアのフォーリングスはブレーキランプ連動にてレッドに発光する模様。

テールランプもかなり独特で、現行アウデイとの類似性がなく、新しい時代の幕開けを感じさせますね。

サイドミラーは無く、代わりにカメラを採用。
実際にこの車が市販されるのであればミラーが標準、カメラがオプション(ランボルギーニ・ウルスと同じ?)になるのかもしれません。

最近ではフラッシュマウントのドアハンドルが流行中ですが、E-tronスポーツバックではドアハンドルそのものがなく、「タッチ式」でのアンロックを採用。

インテリアは先進的、クリーンかつシャープでエクステリアを整合性が取れたもの。

E-tronスポーツバックはその名の通りEVですが、フロントに1つ、リアに2つの「3モーター構成」。
通常は429馬力、ブースト機能にて496馬力を発生する、とのこと。
これによって0-100キロ加速は巨体にも関わらず4.5秒を記録。
航続可能距離は500キロ、と公表されています。

Static photo, color: Lux Silver

なお、このE-tronスポーツバックは「単なるコンセプト」ではなく、2019年には実際に市販の予定、とされています。
価格や具体的な発売時期は未公表ですが、2019年辺りからアウデイでは急激にブランニューモデルが増えてきそうですね。
アウディジャパンによるプレスリリースはこちら

関連投稿:アウディが上海向け新コンセプトのイラスト公開。スタイリッシュなクーペSUV

Design Sketch

アウディが数日前から予告を開始している、上海モーターショーに展示予定の新型コンセプトカーのイラストを公開。
それにあわせ、デザイナーのMarc Lichte氏が直々に実車をチラ見せしています。

e-tronファミリーの一員とは思われるものの、現状ではその多くは不明のままで、SUV的車高を持ちながらも「スポーツカー」と言ってもよいほどのスタイリッシュなルックスが特徴的。
BMW X4/6、メルセデス・ベンツGLEクーペ/GLCクーペの対抗ということになりそうですが、現状では「クーペスタイルSUVを持たない」アウディにとって”満を持して放つ真打ち”ともなりそうですね。

Design Sketch

こちらが展示予定の実車。
さすがにイラストほどはワイド&ローではないようですね。

Marc Lichte, Head of Design, AUDI AG

関連投稿:アウディが上海に出展する新型コンセプトカーの予告動画第二弾を公開。今度はリア

アウディが上海モーターショーに展示する新型コンセプトカーのティーザー動画第二弾を公開。前回はヘッドライトとフロントグリルのフォーリングスが発光する様子でしたが、今回はテールランプ、そしてテールゲートのフォーリングスが発光する様子を収めています。
テールランプは「横長」で、ブガッティ・シロンと同様の構造そして光り方をすると考えて良さそう。
加えて、次期ポルシェ911(992)にもこれが採用されると考えてよく、今後VWアウディグループにおける一つのアイコンともなりそうです。

そのLEDバーの下には立体的な構造を持ったLEDが複数配置されていますが、これはシーケンシャルウインカーをさらに複雑にしたような感じで発光しているのがわかります。
一時は「OLED」が次世代テールランプ技術として注目され、BMWも限定的に採用はしましたが、OLEDは最近なんとなく注目度が下がっているようですね(今回はOLEDではなさそう)。

なお、この新型コンセプトについては全容が未だ不明で、ボディ形状も謎のまま。
今回のティーザー動画を見ると「ハッチバック」のように見えますが、クーペスタイルSUVなのかもしれません(中国では人気が高い)。

関連投稿:アウディが上海モーターショーにて謎コンセプトカー発表。LEDだらけのフロントを公開

アウディが上海モーターショーに向けて謎コンセプトカーのティーザー動画を公開。
ヘッドライト、そしてフロントグリル状のエンブレム(フォーリングス)がLEDにて発行する様子が収められています。
おそらくはエレクトリックビークルと思われますが、これまでにない意匠を持っており、「全くの新型」の可能性も。

なおボディタイプも特定できずクーペなのかSUVなのかセダンなのかも不明。
ただしセダンとSUV大好きな中国で発表することを考えると、おそらくはこれら2タイプのうちどれかなのだと思われます。

現在これについては様々な予想がなされており、一説ではBMW i3対抗のスモールEV、もう一方では次期A8とも言われ、LEDライトの構造が非常に複雑なことを考えると、一定以上の価格帯の(A8のような)車だと考える方が妥当かもしれませんね。

->アウディ(Audi)
-, , , , ,