ad-728





>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など

ホンダも中国専用セダン「アキュラTLX-L」発表。2017年に発売予定

2018/06/11

ホンダが上海モーターショーにて、新型ミッドサイズセダン「アキュラTLX-Lプロトタイプ」を公開。
これは「アキュラTLX」のロングホイールベース版で、BMW5シリーズ・ロング同様に「中国専用モデル」。
どれだけ中国人はロングホイールベースが好きなのかと思いますが、「こうしないと売れない」現状があるのだと思います。

今回出展されるTLX-Lプロトタイプは限りなく市販モデルに近いとされ、実際に2017年後半にはこれを発売する、とのこと。

なお上海モーターショーにおいてはMDX、中国専用SUVである「CDX」、NSXにカスタムペイント(マット仕上げ)を施したスペシャルモデルを展示する、とのこと(マット仕上げのNSXは”初”かもしれない。

ホンダによると、アキュラの現地生産が本格化したことを機に、中国専用モデルの投入などアキュラブランドの拡大を図りたい、としています。
ちなみにCDXは中国専用モデルとしては「ホンダ初」だそうですが、広州ホンダは中国専用ブランド「理念」を発表するなど、ホンダについてはローカライズ化が進んでいるようですね。

関連投稿:日本で発売すれば売れるかも?格好良いエアロパーツ付きのアキュラTLX「GTパッケージ」

acura-tlx-gt-package

北米にて展開するモデル、アキュラTLXにエアロパーツを装着した「GTパッケージ」が追加に。
これはTLXの2016-2017年モデルを対象にしたもので、リアスポイラー、フロントバンパーエクステンション、サイドシル、フロントスプリッターなどを含むもの(貼り付けた感があるのでノーマル状態を知らなくてもある程度パーツについては「これか」と連想可能)。

このパッケージにはホイールも含まれるとのことで、ボディカラーも相まってなかなか格好良いルックスに。
現在ホンダのセダンは日本国内では瀕死状態だと思いますが、こういったTLXのようなデザインや格好良いエアロパーツがあれば売れるかもしれない、と思ったりします。

最近のホンダはシビックを見てもわかるとおり、デザインやモデルをグローバルで統一してくる傾向があり、もしかするとこういったセダンも日本に入ってくるかもしれませんね(それでもちょっと大きすぎるか)。
なおホンダは以前に「アキュラ」を日本に導入するという案がありましたが、それは立ち消えになったようでちょっと残念ではあります。

acura-tlx-gt-package-1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など
-, , , , ,