>ポルシェ・パナメーラ関連

テックアートが新型パナメーラのチューニングメニュー「グランドGT」公開。911GT3をイメージ

投稿日:2017/04/21 更新日:

テックアートが以前にちょっとだけ公開した新型ポルシェ・パナメーラ向けのチューニングプログラム「グランドGT」を動画とともに公開。
911GT3風のデザインをパナメーラに持ち込んだもので、これにオーバーフェンダーやリアウイングなど独自の要素をプラス。

オーバーフェンダーはフロントで5センチ、リアで8センチ拡大するもので、これによって迫力が大幅に増加。
ホイールサイズは22インチ、タイヤ幅はフロントで285、リアに至っては335ミリとなっています。
ボディカラーはメタリックグレー、ホイールやダクトなどはブラック、そしてアクセントカラーはオレンジ。

内装にもオレンジがアクセントとして使用されています。

内装の仕上げについてはテックアートは非常に優れたものを持っており、「ちょっとした」手を加えることで(つまりコストが膨大ではない)ルックスの大きな変化を演出しているようですね。

関連投稿:22インチ装着。テックアートのポルシェ・パナメーラ・グランドGT


テックアートによるポルシェ・パナメーラ向けのエアロキット「グランドGT」パッケージ。
今回は22インチホイールと組み合わされています。

なお、エンジンはパナメーラ・ターボをベースとしたもので620馬力まで強化され、0-100キロ加速を3.7秒でこなす模様。
かなりの俊足ですね。

関連投稿:テックアートが新型パナメーラのカスタム一番乗り。ワイドボディ+オリジナルカラー

テックアートが早速新型ポルシェ・パナメーラをベースにしたチューニングカー「グランドGT」を公開。
他チューナー(ゲンバラやマンソリーなど)ではまだ新型パナメーラを手がけることができておらず、テックアートの動きの速さ、ポルシェとの密接な関係もわかります。

グランドGTはワイドボディキットを装着しており、約80ミリ全幅が拡大。
フロントバンパー、リアバンパーは一新され、オーバーフェンダーとサイドステップが新しく与えられることになりますが、車高も落とされホイールは22インチサイズ、エキゾーストシステムはバルブ付きのものに(テールパイプは4本出し)。

ボディカラーはグレー(ナノ・グレーと公表)、ホイールはブラック、ブレーキキャリパーはオレンジとなり「いかにもチューニングカー」という印象で迫力がありますね。
テックアートというと永らくはヘッドライトのカバー(トリム)、そしてドアミラーカバーが有名でしたが、今回はそのどちらも封印している模様。

内装ももちろんフルカスタムとなり、ステアリングホイールやアルミペダル、ドアシルプレート、フロアマットにまで手が入ることに。
今回は発表がありませんでしたが、近日中にテックアート得意の「パワーキット」もリリースされると思われ、そしてターボエンジンだけに一気にパワーアップされると思われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.