ad-728

>中国車

前ミニのデザイナーが手がける「Quoros」が斬新なコンセプトカー発表。全てのドアの開き方が異なる

2017/04/21

Pocket
LINEで送る

中国の自動車メーカー、Quoros(デザイナーは以前にミニにいたマーティン・ヒルデブランド氏)が上海モーターショーにて新型コンセプト「K-EV」発表。
全長5メートルとかなり大きなサイズですが、「クーペ風セダン」に分類され、ユーティリティを誇るタイプの車ではないようです。

出力は合計で870馬力、0-100キロ加速は2.7秒と「相当に速い」スペックを持ち、ライバルはテスラ・モデルS、ポルシェ・パナメーラ・ターボS E-ハイブリッドあたり。
もちろん新興EVメーカーのルシード、ファラデー・フューチャーも競合となりそうですね。
なお最高時速は260キロ、航続可能距離も482キロとされており、このあたりの数字もライバルに遜色のないところ(ハイブリッドシステムはケーニグセグが供給、と以前に報じられているものの、今回の正式発表では言及されていない)。

シャシーはカーボンファイバー製のモノコックで外装デザインは非常に斬新。
運転席側はガルウイングドア採用で乗降性を確保し、助手席側は普通の「横開き」。
加えて助手席側後部ドアは「スライド」となっており、「全てのドアの開閉方法が異なる」という珍しいコンセプトとなっています。



->中国車
-, , , , ,