>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしており、グレード構成は「LE」「XLE」「リミテッド」の3つに(アメリカでは「L」や「LX」「リミテッド」といったグレード名が好まれる)。最も安価なのは20,995ドルの「C-HR LE」となりますが、これは「229万円」からとなる日本の設定とほぼ同じ。 装備内容としてはLEDデイタイムランニングランプ、17イン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】3月のロンドンにはこれだけのスーパーカーが走っている!フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンが大量に走る様子を見てみよう

スーパーカー意外に高級車、カスタムカーも多かった スーパーカー系ユーチューバー、「スーパーカーズ・オン・ザ・ストリート」氏が3月にロンドンで見かけたスーパーカー総集編動画を公開。ロンドンというと、夏には中東から多くのスーパーカーが持ち込まれることで知られますが、まだそういった中東ナンバーが見られない3月であっても相当数のスーパーカーが見られるようですね。 なお、3月といえども「先週の週末だけ」に見かけたスーパーカーを集めたものだとしており、「これくらいの量は普通」だとも。 こちらもオススメ、関連投稿【動画 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツGLCクーペ登場!美しいスタイルはそのままに、顔つきやエンジン/内装が最新世代に進化

ヘッドライトが小さくなることで車体が大きく見えるように メルセデス・ベンツがGLCに続き、「GLCクーペ」をフェイスリフト。内容としては外観だと前後ランプ類の変更と前後バンパーのリニューアル、走行性能だとエンジンとドライビングアシスタンスのアップデートといったところで、「GLCクーペならではのスタイルに磨きをかけ、さらに経済性と安全性を増した」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円0-1 ...

ReadMore

>ランボルギーニのコンセプトカー等

デザインイメージはユーロファイター(戦闘機)!ランボルギーニ「レイトン」コンセプト」はエレクトリック時代のシングルシーターレーシングカー

アクティブエアロと磁力でダウンフォースを発生 インダストリアルデザイナー、Davide Pellicciari氏がランボルギーニのコンセプトカー、「Raton(レイトン)」を発表。これはシングルシーターのピュアエレクトリックカーですが、路面にクルマを「張り付かせる」ために電気的に磁力のようなものを発生させたり、アクティブエアロが変形するようですね。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディカラーが発表され、欧州より多い「全8色」

米国仕様の新型GRスープラには「マットグレー」がラインアップ 欧州に続き、北米でも新型トヨタ・スープラのボディカラー含む詳細が公開に。すでに「ローンチ・エディション」に3色のボディカラーが用意されることは公表済みでしたが、今回は「標準モデル」に8色のボディカラーが用意されることが判明しています。なお欧州では7色が設定されているものの、北米向けの「プラス1色」はマット仕上げのメタリックグレー(ファントムマットグレー)のようですね。 新型トヨタGRスープラのボディカラーが公開(全7色)!欧米では続々公式情報が ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

ポルシェ製V8ツインターボ装着の「ベントレー・コンチネンタルGT V8」登場。0-100km/h加速は4秒、最高速は318km/h

W12モデルにも見劣りしない装備が自慢 ベントレーが4リッター・ツインターボV8エンジンを積む新型「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表。コンチネンタルGTは第3世代へとスイッチしているものの、これまで発売されていたのは「6リッターW12エンジン」を搭載するモデルのみ。このW12エンジンは635馬力を発生し、コンチネンタルGTを最高速333キロまで引っ張るうえ、0-100キロをわずか3.7秒にて加速させる「強心臓」。 こちらもオススメ、関連投稿ベントレーもブラック。フライングス ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/後編】やはり720Sの加速は凄まじかった!ライバルとの比較だとどんな感じ?

これほどまでに速い中間加速を持つクルマはほかにない マクラーレン720S試乗を「前編」「中編」にわたってお届けしましたが、今回は最終章となる「後編」。これまではその内外装、まずは慣れるためにゆっくり走った様子を述べてきたものの、ここではフル加速を試した印象や、ライバルとの比較について触れてみたいと思います。 【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている 【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWは新型「ゴルフ8」からエンブレムを変更するようだ!プロトタイプに装着される「VWマーク」が今までと微妙に異なると話題に

これに気づいたヤツは凄いな 先日ゴルフ8のプロトタイプが目撃されましたが、そのプロトタイプに取り付けられている「VW」エンブレムがこれまでとは異なる、と話題に。具体的には「V」とその下の「W」との隙間が大きく、かつその周囲の円と「W」の下側が接触していない、というのがその変更点。そんなこと言われても元のロゴなんか覚えてねえよということになり、そこでこちらが現在のロゴ。今の時点でも「V」「W」との隙間があるものの、これが大きくなることがひとつ、そして新しいロゴでは「W」の下側とサークルとが接していない、とい ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラにはMT、ハードコアモデル、オープンを投入する可能性がある。毎年改良を行う予定だ」

改良の都度、トヨタの部品を増加させる可能性 トヨタは発表したばかりのスープラにつき、大きな拡大計画を持っている模様。今回トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が英国トップギアのインタビューに応えていますが、「スープラは毎年進化する」と語っています。これは日産R35 GT-R発売時の公約にも似ていますが、欧州車やアメリカ車では比較的一般的なもので、スープラは日本の慣習よりは「世界標準に(GT-R同様)合わせる」ということになりますね。※多くを共有するBMWが毎年改良を行うので、スープラもそれに従うこと ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ゼロヨンのスタートでまさかの「ウィリー」!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの加速は前輪が浮くほど強烈だった!!

4WDなのに前輪が浮くとは ドラッグレース専門ユーチューバー、「DrugTimes」氏がランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)がゼロヨンにてタイムアタックを行う様子を公開。アヴェンタドールSVJは「市販車におけるニュルブルクリンク最速タイム」、6:44.97を記録し900台限定に華々しくデビューしたことが記憶に新しく、最近ではそのオープンモデル「アヴェンタドールSVJロードスター」も発表されていますね。 エンジンは自然吸気6.5リッターV12、出力は770馬力、駆動方式は4 ...

ReadMore



>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

中国でイヴォークのコピー車「X7」大人気。なおレンジローバーは訴訟に破れ打つ手なし

投稿日:2017/04/28 更新日:

中国の自動車メーカー、ランドウインド(Lamdwind)がレンジローバー・イヴォークのパクリ車「X7(価格はイヴォークの1/3)」を発売しましたが、驚くべきことにこれは「よく売れている」とのこと。
ランドローバーが訴訟を起こすも中国当局はこれを「コピー」とは認めず、従ってLandwindは大手を振ってこの車を販売できるようになり、そのためか今年の上海モーターショーにもあわせて4つのバリエーションを展示していた、としています。








なお昨年6月の発売から現在までに8万台以上を販売したとしており、これは「かなりのヒット」と考えて良いかもしれません(日本でのSUVカテゴリ第一位のトヨタC-HRの販売が月1000台くらい)。

この事態についてジャガー・ランドローバーCEO、ラルフ・スペス氏が「彼らは実によくやっている。ただ、デザインは我々のものだが」と皮肉交じりにコメントしており、この「どうしようもない現状」には激しく苛ついているようですね。

なお以下はこれまでのlandwind X7の現状。

中国製イヴォークのデッドコピー、「LandWind X7」がついに発売

landwind-x7-china-clone-1-660x378

中国にてレンジローバー・イヴォークのコピー車、「Landwind X7」が8/6より発売に。

予定通りの発売となったわけですが、こういったコピー車を、さらに国際社会の批判を浴びながらも発売できる土壌があるということは驚きですね。

通常は訴訟にて販売を制止できるか、訴訟となった時点で、もしくはその前にコピー疑惑が持ち上がった段階でデザインを見なおしたりなんらかの対応があってしかるべきと思います。
ですが今回はとくに何の動きもなく、そのまま発売となっており、こういった状況があるかぎりは、いかに中国政府が「模倣品の取り締まりに力を入れている」と言っても説得力が薄いように思います(もしくは中国当局の言う”模倣品”とは、ブランド名やエンブレムまで”同一”でないとその定義に当てはまらない?)。

価格は250万円-280万円程度で、イヴォークの中国での現地価格(680万円-1000万円)とは大きな開きがあります。

なお、細部は批判を受けてか?調整が入ったようで当初ほどイヴォークとの「そっくり度」は高くありませんが(心なしかVWが風にも見える)、シルエットについては変更はなく、したがってサイドビューなどは「まんま」イヴォークですね。

こちらは本家レンジローバー・イヴォーク。

landwind-x7-china-clone-2-660x386

横から。この角度だとより「そっくり」であることがわかります。

他にもトヨタのコピーを作り続ける「長城汽車」等ありますが、さしものトヨタですら対策を講じることが出来ない、もしくは対策が「のれんに腕押し」と見え、世界の自動車メーカーにとって中国の模倣品は「打つ手が無い」状況なのかもしれません。

今のところは外観のコピーで済んでいますが、これが将来エンジンやトランスミッション、ハイブリッドシステム、ドライブトレーンなど、そのメーカーのコア技術に及んだ時も「打つ手なし」だったりすると、自動車産業の根本が崩れかねない、と考えたりします。

landwind-x7-china-clone-4-660x319

landwind-x7-china-clone-3-660x304

告訴何するものぞ。イヴォークのパクリ車、X7が6月にも発売の予定

中国でレンジローバー・イヴォークのパクリ車が発表され、話題になりましたが、その「Landwind X7」が6月に発売される模様。

本来の予定は4月だったので2ヶ月遅れになりますが、それでもレンジローバーの法的手続きにもめげずに発売する、というのは大した度胸です。

なお、レンジローバー・イヴォークは既に合弁にて中国で生産を開始しており、2月から中国で販売がスタート。
448000-582000元(800万円-1000万円くらい)の価格とのことです。
そして、このそっくりさんは15000-24000元とのことなので、価格は1/3くらい、ということになりますね。

なお、中国生産の(本物)レンジローバー・イヴォークの価格は結構高めですが、これはおそらく今までの「輸入物」に配慮した価格設定なのだと思います。
本来は生産コストを考えると、この半分以下にも設定できると思うのですが、これまでに輸入したイヴォークを相当数販売しており、それらは高額な関税のために非常に高価であったわけですね。

よって、それらを購入した人たちへの配慮や、ブランドイメージというところを考えているのでは、とぼくは推測します。
つまり、中国で販売する中国生産イヴォークは非常に利益率の高い車であり、今後のタタの利益に大きく貢献するであろう、ということですね。

なお、このLandwindも中国車としては比較的高価な部類ですが、この価格に「見合う」かどうかは不明。

ちなみに現在中国車メーカーは比較的苦しい状況に立っているようです。
合弁にて生産を行っているフォードやVW、日産あたりがかなり安価な価格設定で車を販売しており、そしてそれらメーカーは生産規模が大きいので、原価自体もかなり安い、とのこと。
それらに対して生産数がさほど大きくない中国メーカーが価格で対抗しようとすると(かなり安くしないと売れない)、利益を圧迫する、という事情のようです。

ランドローバーがイヴォークのコピーを訴える→なぜかイヴォークのデザイン特許が無効に

LandWind-X7-0

ランドローバーがレンジローバー・イヴォークのコピー、Landwind X7を「コピー」として訴訟を行いましたが、中国の当局はこれについて「両成敗」の形をとった模様。
要はイヴォーク、X7双方のデザイン特許を「無効」としたわけですが、まさに「勝者なき」訴訟となっています(返り討ちもちくはヤブヘビ)。

当局の言い分としてはランドローバーに対し「イヴォークは特許出願前に公の前に出ているので新規性はないので特許は認められない」、ランドウインドに対しては「イヴォークに似ているので特許として認められない」という理由。

中国としては、おそらくランドローバー側の訴えを(自国産業保護のため)退けたかったのだと思いますが、そうすると海外からの反発を招くことが予想され、「双方無効」という苦肉の策に出たのでしょうね。

結果がこうなるとランドウインドはレンジローバー・イヴォークのパテントを気にせず大手を振ってX7を売れるわけで、逆にイヴォークをなんらかの手段で訴える可能性も出てくるかもしれません(何といってもイヴォークのデザインパテントが”無効”になりイヴォークは防御の手段を持たないので)。

イヴォークは現在中国企業とジャガー・ランドローバー合弁にて中国で生産が行われますが、Landwindとこの合弁先とがなんとか話をつけてくれると良いものの、おそらくは「同胞同士」ということでランドローバーには非協力的な態度を示すと思われます。

ランドローバーがついにイヴォークの中華コピー車「Landwind X7」を訴える模様

ついにジャガー・ランドローバーが中国自動車メーカーのつくるイヴォークのコピー車「Landwind X7」をデザイン盗用の咎で訴える模様。
ただし、これだけ話題になっているにもかかわらずジャガー・ランドローバーが勝てるかどうかは微妙とのことで、そこには中国のややこしい権利保護システムも絡んでいるようですね。

なお北京モーターショーにおいては主催者の判断でランドウインドX7は「国際モーターショーにふさわしくない」という判断で展示が却下されているので中国側から見ても「似ている」ということになるのだと思いますが、もしジャガー・ランドローバーが負けるようなことがあれば、今後中国車のコピーには歯止めがきかなくなりそうです。

中国版レンジローバー・イヴォークも中国のメーカー(チェリー)との合弁で生産されており、つまりイヴォークとイヴォークのコピーは「同胞同士」の闘いとなるわけですが、その意味でも訴訟の行方は気になるところ。

ちなみにイヴォークのコピー車、ランドウインドX7については、ランドウインドのディーラーにて「イヴォークにより近づけるキット」が販売されているとのことで、そのあたりから悪意は立証できそうではありますね。

もうわけがわからない。イヴォークの中華コピーがさらにイヴォークをコピー

18929798931205258474

レンジローバー・イヴォークをコピーしたLAND WIND X7ですが、発売時には事前のコンセプトに比べるとややイヴォークとの差異が感じられる仕様になり、「さすがに悪いと感じたのか(反省したのか)」と思っていたわけです。

しかし、奴らはそれほど善良ではなかった。

というわけで、LAND WINDのディーラーがアフターパーツにて、イヴォークのグリルとエンブレムを販売開始。
車両を世論の批判からかわすためにちょっと変更したぶん、購入後にさらにイヴォークに近づけるための戦略をここで採用したわけですね。

ここまでくると完全に悪意があるとしか思えず、これでなんらかの対応が下されないようであれば、世の中の正義とはなんなのか、と考えたりします。

信じられませんが、これが「中国」なのでしょうね。

492101941457520571

1298386434416882412

2986962511417396656

1834269063846659748

レンジローバー・イヴォークのコピー、Landwind X7が上海にも展示

landwind-2015-002

イヴォークのコピー、Landwind X7がカラーをチェンジして上海モーターショーにも展示。
広州モーターショーで発表された後に問題となりましたが、中国メーカー側はまったく問題としていないようですね。
これがまかり通るのが全くもって不思議ですが、こういったコピーが許されるのであれば、どんどん追随するものが出てきそうです。

landwind-2015-006

landwind-2015-007

中華イヴォークがエアロ装着にて再登場。今回はフェラーリ458のパクリ

landwind-x7-body-kit-5-660x443

中国メーカーによるイヴォークの劣化コピー、Landwind X7ですが、成都モーターショーに再登場。

今回はエアロパーツを身にまとっていますが、国産車中心のカー雑誌に投稿される読者のイラストのような雰囲気。
とりあえずゴチャゴチャしてフィンや穴かあればいい、という感じです。

なぜかフロントにもディフューザーがあり、ディフューザーはクローム仕上げ。
リアについてはマフラーが3本だしになっており、これは周辺ともどもフェラーリ458イタリアを思わせます。

なお、このLamdwindという会社はフォードの現地での合弁相手(中国に海外自動車メーカーが工場を建設する際は必ず現地企業との合弁が必要)とのことで、フォードはかつてランドローバーを所有していたこともあったり、と奇妙な縁ですね。

landwind-x7-body-kit-3-660x464

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.