>マツダ(MAZDA)

マツダはやっぱりロータリーエンジン搭載スポーツカーを諦めてない。「来る時に備えて研究中」

マツダは今でもロータリーエンジンを動力源としたスポーツカーの開発を継続中 マツダは2012年にRX-8の生産を終了し、その後ロータリーエンジン搭載スポーツカーのラインアップは「空席」のまま。そしてこれまでも何度かロータリースポーツ発売のウワサが流れるも、最近公的に語られたのは「ロータリーエンジン搭載のスポーツカーは発売せず、しかしロータリエンジンはレンジエクステンダーとして蘇る」。 マツダ「ロータリーエンジンは2019年復活。ただし”今回は”レンジエクステンダーだ」 こちらもオススメ、関連投稿マツダ「最初 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エンジンです。なお許容回転数は11,100回転で、リッターあたりの出力は155.9馬力をマークし、おそらく自然吸気エンジンとしては「自動車史上、もっとも高い出力を誇るユニット」。開発自体はコスワースとの共同によって行われていますが、そのコスワースが「うっかり」スペックを漏らしたこともありましたね。 アストンマーテ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ついに偽装なしの新型トヨタ・スープラの姿がリーク!FT-1コンセプトそっくりのフロントが激写される

ここまでFT-1コンセプトに近づけたのは称賛されるべき 2019年1月のデトロイト・モーターショーにて発表されると言われる新型トヨタ・スープラ。今回新型スープラ専門掲示板、「SupraMkV」にてそのフロントがリークされていますが、どうやら輸送中の状況を捉えた画像のようです(投稿者はトヨタ内部の人なのかどうかは不明)。 これまでも新型スープラについてはカモフラージュ用のシートが貼られた状態ではあるものの、その形状がわかるプロトタイプがトヨタによって公開。しかしこうやって「何も隠されていない」状態のスープラ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

ポルシェ「ケイマンGT4ラリーは100台の受注がないと生産許可が出ない。みんな買ってくれ」

| みんなでポルシェ・ケイマンGT4ラリーを応援しよう | ポルシェは先日「ケイマンGT4ラリー」を公開し、実際にラリーへとスポット参戦していますが、ポルシェGT部門のボスであるFrank-Steffen Walliser氏によれば「これを買うという人が100人集まれば市販化する」、とのこと。 ちなみにポルシェがケイマンGT4ラリーを発売した意図は不明で、ポルシェ自身はワークスチームをもってラリーに参戦することも、959のようにダカール・ラリーへとカムバックする予定もないとしています。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

>アウディ(Audi) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アウディは数ヶ月内に「安価な」A3サイズのe-tornを発表?一方のe-tron GTはポルシェ・タイカンと兄弟に

| アウディは普及価格帯のe-tronも発表? | アウディはSUVの「e-tron quarrto」を発売し、その後に4ドアクーペとなるe-tron GTコンセプトを発表していますが、今回はアウディA3と同程度のサイズを持つ「e-tronシリーズのエントリーモデル」をコンセプトカーとして発表する、とのウワサ。 これはフォルクスワーゲングループの新しいプラットフォーム「MEB」を使用したもので、フォルクスワーゲンブランドより発売される「I.D.」のアウディ版とも言えるクルマですが、すでに発売済みのe-tr ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

マイアミにてランボルギーニとロールスロイス付きのマンション登場。「いくら?」「42億円」「え?」「42億円だ」

| マイアミでは「42億円」のマンションは普通 | マイアミの不動産業者が「ランボルギーニ・アヴェンタドールとロールスロイス・カリナンとがついてくる」高級マンションを販売中。 もっと正確に言うならば「ザ・マンション・オブ・アクアリナ」と呼ばれるマンションの47階の部屋(パラッツォ・デル・シエロという名がつけられている。ほかにの”ボッチチェリ”など部屋ごとに名前がある)が売りに出されているということになり、その価格はなんと42億円(その中の9000万円くらいがアヴェンタドールとカリナンということになる)。 ...

ReadMore

>ポルシェ・マカン関連

0-100km/h加速はケイマンと同じ!運動性能と快適性が向上した新型ポルシェ・マカンS発進

新型ポルシェ・マカンの0-100キロ加速は5.1秒、718ケイマン/ボクスターと同じ数字へ ポルシェが「マカン」に続き、「マカンS」のフェイスリフトモデルも発表。エンジン形式はこれまでと同じV6ながらも出力は340馬力から354馬力へと向上し、0-100キロ加速は5.4秒から5.1秒(スポーツクロノ装着時)へ。なお、マカンについては欧州仕様と北米仕様とでエンジン出力が(環境規制の関係で)異なりますが、日本仕様が最終的にどうなるのか、そしてマカンSでも欧州と米国とで出力の相違があるのかどうかは不明です。 ポ ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ブリーフィングのビジネスバッグを購入した!「メイドインUSA」がウリだったブリーフィングもついに中国製に

| 珍しくビジネスバッグを購入してみた | さて、ブリーフィング(BRIEFING)のビジネスバッグ”MODULE WEAR SLライナー”を購入。ぼくはあまりビジネスバッグを使用する機会がありませんが、それでもときどきビジネスバッグを使用せざるを得ない機会があり、それに「備えて」の購入ということになります。 けっこう色々と探してみたのですが、結局は価格と性能とのバランスがよく、誰から見ても「行き過ぎでもなく、足りないこともない」無難なブリーフィングに。 なお、最後まで競合したのは吉田カバン(ポーター)の ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】あの「超ワイド」RWBポルシェ911が中国にも登場。その制作過程が公開に

RWB代表の中井氏は依頼があれば現地へ赴き、一台づつオーナーの要望に合わせて製造する リベット留めオーバーフェンダー、極端に落ちた車高という「族」っぽいスタイルが人気のRWB。 RWB(ラウヴェルト ベグリッフ/RAUH-Welt Begriff)は日本(千葉県)発のブランドで、中井啓氏が始めたチューニングブランド。もともとは中井氏自身が国産車でドリフトをしていたことから走りの世界に足を踏み入れたとのことですが、その後ポルシェにて走りを求めることに。当時は低年式のポルシェが比較的安く手に入り、しかしそれを ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■映画や音楽、本について

「ワイルド・スピード」で見せ場のなかったVWジェッタが1150万円で販売中。この3年で価格は2.5倍に

いいところのなかったVWジェッタですら価格が高騰 人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」に登場した車のみならず、それと同じ車種の相場が軒並み上がっているのは既報の通りですが、今回劇中に登場したVWジェッタが、アメリカのラグジュアリー・オート・コレクションにて約1150万円の価格をつけて販売中。前回販売に出されたのは3年前のオークションで、その際の落札価格は470万円ほどだったので、3年で実に2.5倍まで価格をあげたことになりますね。 ワイルド・スピードは自動車業界を活性化?マツダRX-7の中古相場は新車の ...

ReadMore



>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

中国でイヴォークのコピー車「X7」大人気。なおレンジローバーは訴訟に破れ打つ手なし

更新日:

中国の自動車メーカー、ランドウインド(Lamdwind)がレンジローバー・イヴォークのパクリ車「X7(価格はイヴォークの1/3)」を発売しましたが、驚くべきことにこれは「よく売れている」とのこと。
ランドローバーが訴訟を起こすも中国当局はこれを「コピー」とは認めず、従ってLandwindは大手を振ってこの車を販売できるようになり、そのためか今年の上海モーターショーにもあわせて4つのバリエーションを展示していた、としています。








なお昨年6月の発売から現在までに8万台以上を販売したとしており、これは「かなりのヒット」と考えて良いかもしれません(日本でのSUVカテゴリ第一位のトヨタC-HRの販売が月1000台くらい)。

この事態についてジャガー・ランドローバーCEO、ラルフ・スペス氏が「彼らは実によくやっている。ただ、デザインは我々のものだが」と皮肉交じりにコメントしており、この「どうしようもない現状」には激しく苛ついているようですね。

なお以下はこれまでのlandwind X7の現状。

中国製イヴォークのデッドコピー、「LandWind X7」がついに発売

landwind-x7-china-clone-1-660x378

中国にてレンジローバー・イヴォークのコピー車、「Landwind X7」が8/6より発売に。

予定通りの発売となったわけですが、こういったコピー車を、さらに国際社会の批判を浴びながらも発売できる土壌があるということは驚きですね。

通常は訴訟にて販売を制止できるか、訴訟となった時点で、もしくはその前にコピー疑惑が持ち上がった段階でデザインを見なおしたりなんらかの対応があってしかるべきと思います。
ですが今回はとくに何の動きもなく、そのまま発売となっており、こういった状況があるかぎりは、いかに中国政府が「模倣品の取り締まりに力を入れている」と言っても説得力が薄いように思います(もしくは中国当局の言う”模倣品”とは、ブランド名やエンブレムまで”同一”でないとその定義に当てはまらない?)。

価格は250万円-280万円程度で、イヴォークの中国での現地価格(680万円-1000万円)とは大きな開きがあります。

なお、細部は批判を受けてか?調整が入ったようで当初ほどイヴォークとの「そっくり度」は高くありませんが(心なしかVWが風にも見える)、シルエットについては変更はなく、したがってサイドビューなどは「まんま」イヴォークですね。

こちらは本家レンジローバー・イヴォーク。

landwind-x7-china-clone-2-660x386

横から。この角度だとより「そっくり」であることがわかります。

他にもトヨタのコピーを作り続ける「長城汽車」等ありますが、さしものトヨタですら対策を講じることが出来ない、もしくは対策が「のれんに腕押し」と見え、世界の自動車メーカーにとって中国の模倣品は「打つ手が無い」状況なのかもしれません。

今のところは外観のコピーで済んでいますが、これが将来エンジンやトランスミッション、ハイブリッドシステム、ドライブトレーンなど、そのメーカーのコア技術に及んだ時も「打つ手なし」だったりすると、自動車産業の根本が崩れかねない、と考えたりします。

landwind-x7-china-clone-4-660x319

landwind-x7-china-clone-3-660x304

告訴何するものぞ。イヴォークのパクリ車、X7が6月にも発売の予定

中国でレンジローバー・イヴォークのパクリ車が発表され、話題になりましたが、その「Landwind X7」が6月に発売される模様。

本来の予定は4月だったので2ヶ月遅れになりますが、それでもレンジローバーの法的手続きにもめげずに発売する、というのは大した度胸です。

なお、レンジローバー・イヴォークは既に合弁にて中国で生産を開始しており、2月から中国で販売がスタート。
448000-582000元(800万円-1000万円くらい)の価格とのことです。
そして、このそっくりさんは15000-24000元とのことなので、価格は1/3くらい、ということになりますね。

なお、中国生産の(本物)レンジローバー・イヴォークの価格は結構高めですが、これはおそらく今までの「輸入物」に配慮した価格設定なのだと思います。
本来は生産コストを考えると、この半分以下にも設定できると思うのですが、これまでに輸入したイヴォークを相当数販売しており、それらは高額な関税のために非常に高価であったわけですね。

よって、それらを購入した人たちへの配慮や、ブランドイメージというところを考えているのでは、とぼくは推測します。
つまり、中国で販売する中国生産イヴォークは非常に利益率の高い車であり、今後のタタの利益に大きく貢献するであろう、ということですね。

なお、このLandwindも中国車としては比較的高価な部類ですが、この価格に「見合う」かどうかは不明。

ちなみに現在中国車メーカーは比較的苦しい状況に立っているようです。
合弁にて生産を行っているフォードやVW、日産あたりがかなり安価な価格設定で車を販売しており、そしてそれらメーカーは生産規模が大きいので、原価自体もかなり安い、とのこと。
それらに対して生産数がさほど大きくない中国メーカーが価格で対抗しようとすると(かなり安くしないと売れない)、利益を圧迫する、という事情のようです。

ランドローバーがイヴォークのコピーを訴える→なぜかイヴォークのデザイン特許が無効に

LandWind-X7-0

ランドローバーがレンジローバー・イヴォークのコピー、Landwind X7を「コピー」として訴訟を行いましたが、中国の当局はこれについて「両成敗」の形をとった模様。
要はイヴォーク、X7双方のデザイン特許を「無効」としたわけですが、まさに「勝者なき」訴訟となっています(返り討ちもちくはヤブヘビ)。

当局の言い分としてはランドローバーに対し「イヴォークは特許出願前に公の前に出ているので新規性はないので特許は認められない」、ランドウインドに対しては「イヴォークに似ているので特許として認められない」という理由。

中国としては、おそらくランドローバー側の訴えを(自国産業保護のため)退けたかったのだと思いますが、そうすると海外からの反発を招くことが予想され、「双方無効」という苦肉の策に出たのでしょうね。

結果がこうなるとランドウインドはレンジローバー・イヴォークのパテントを気にせず大手を振ってX7を売れるわけで、逆にイヴォークをなんらかの手段で訴える可能性も出てくるかもしれません(何といってもイヴォークのデザインパテントが”無効”になりイヴォークは防御の手段を持たないので)。

イヴォークは現在中国企業とジャガー・ランドローバー合弁にて中国で生産が行われますが、Landwindとこの合弁先とがなんとか話をつけてくれると良いものの、おそらくは「同胞同士」ということでランドローバーには非協力的な態度を示すと思われます。

ランドローバーがついにイヴォークの中華コピー車「Landwind X7」を訴える模様

ついにジャガー・ランドローバーが中国自動車メーカーのつくるイヴォークのコピー車「Landwind X7」をデザイン盗用の咎で訴える模様。
ただし、これだけ話題になっているにもかかわらずジャガー・ランドローバーが勝てるかどうかは微妙とのことで、そこには中国のややこしい権利保護システムも絡んでいるようですね。

なお北京モーターショーにおいては主催者の判断でランドウインドX7は「国際モーターショーにふさわしくない」という判断で展示が却下されているので中国側から見ても「似ている」ということになるのだと思いますが、もしジャガー・ランドローバーが負けるようなことがあれば、今後中国車のコピーには歯止めがきかなくなりそうです。

中国版レンジローバー・イヴォークも中国のメーカー(チェリー)との合弁で生産されており、つまりイヴォークとイヴォークのコピーは「同胞同士」の闘いとなるわけですが、その意味でも訴訟の行方は気になるところ。

ちなみにイヴォークのコピー車、ランドウインドX7については、ランドウインドのディーラーにて「イヴォークにより近づけるキット」が販売されているとのことで、そのあたりから悪意は立証できそうではありますね。

もうわけがわからない。イヴォークの中華コピーがさらにイヴォークをコピー

18929798931205258474

レンジローバー・イヴォークをコピーしたLAND WIND X7ですが、発売時には事前のコンセプトに比べるとややイヴォークとの差異が感じられる仕様になり、「さすがに悪いと感じたのか(反省したのか)」と思っていたわけです。

しかし、奴らはそれほど善良ではなかった。

というわけで、LAND WINDのディーラーがアフターパーツにて、イヴォークのグリルとエンブレムを販売開始。
車両を世論の批判からかわすためにちょっと変更したぶん、購入後にさらにイヴォークに近づけるための戦略をここで採用したわけですね。

ここまでくると完全に悪意があるとしか思えず、これでなんらかの対応が下されないようであれば、世の中の正義とはなんなのか、と考えたりします。

信じられませんが、これが「中国」なのでしょうね。

492101941457520571

1298386434416882412

2986962511417396656

1834269063846659748

レンジローバー・イヴォークのコピー、Landwind X7が上海にも展示

landwind-2015-002

イヴォークのコピー、Landwind X7がカラーをチェンジして上海モーターショーにも展示。
広州モーターショーで発表された後に問題となりましたが、中国メーカー側はまったく問題としていないようですね。
これがまかり通るのが全くもって不思議ですが、こういったコピーが許されるのであれば、どんどん追随するものが出てきそうです。

landwind-2015-006

landwind-2015-007

中華イヴォークがエアロ装着にて再登場。今回はフェラーリ458のパクリ

landwind-x7-body-kit-5-660x443

中国メーカーによるイヴォークの劣化コピー、Landwind X7ですが、成都モーターショーに再登場。

今回はエアロパーツを身にまとっていますが、国産車中心のカー雑誌に投稿される読者のイラストのような雰囲気。
とりあえずゴチャゴチャしてフィンや穴かあればいい、という感じです。

なぜかフロントにもディフューザーがあり、ディフューザーはクローム仕上げ。
リアについてはマフラーが3本だしになっており、これは周辺ともどもフェラーリ458イタリアを思わせます。

なお、このLamdwindという会社はフォードの現地での合弁相手(中国に海外自動車メーカーが工場を建設する際は必ず現地企業との合弁が必要)とのことで、フォードはかつてランドローバーを所有していたこともあったり、と奇妙な縁ですね。

landwind-x7-body-kit-3-660x464

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->中国/香港/台湾の自動車メーカー, >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.