ad-728





>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが2016年度世界生産と2017年3月の状況を発表。やはり日本市場は世界の1/7しかなかった件

2017/04/29


ホンダが2016年度および2017年3月の業績を公開(二輪含まず)。
これによると2016年の生産は全世界で505万台で、しかし日本での生産は81万台。
市場別の販売構成が公開されていないので何とも判断しづらい部分はありますが、ホンダ生産のうち国内生産は16%のみ、ということになりますね。

先日は日産が同じように全世界の生産および販売状況を公開しましたが、日産においては日本市場は世界市場のうち1/7しかなく、これはちょっとショッキング。

ホンダでは世界販売と国内販売の比率について不明ですが、世界生産=世界販売台数、と考えた場合、国内販売は71万台なので、やはり日本市場は世界で1/7しかない、ということに。

ホンダは日産同様に海外販売専用モデルがかなり多いとは思いますが、欧州、北米など独自に開発を行っており、日産のように(おそらく)一元的な本社での企画や開発を行うことは少ないように思われ、まだ「日本市場をちゃんと見ている」ようには思われるのもの、実際の日本市場では軽自動車の比率が高まりつつあることを考えると、ホンダにとって「日本市場」がお荷物になる日がやってくるんだろうなあ、と考えたりします。

なお、市場ごとの拠点で製品(車)を開発すると、その地域に合ったデザインや製品を実現できる反面「ムダ」も多く、たとえば先代シビックはアメリカや欧州では「名前が同じでも全く違う車」に。
しかし今回の新しいシビックだと「全世界共通プラットフォーム」となっており、ホンダにおいても今後コストを考えて共通化を行ってくる可能性が高そうですね。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , ,