>ポルシェ・カイエン関連

テックアートは今年で30年。ポルシェ・カイエンのチューンに「エディション30イヤーズ」を追加

投稿日:2017/05/07 更新日:

今年はテックアート30週年にあたる年だそうですが、それを記念してテックアートがポルシェ・カイエンのチューニングプログラム”マグナム”に「エディション30イヤーズ」を追加。
これは標準のマグナムに対して主に「インテリアのアップグレード」が与えられたものだそうですが、その内装の仕上げは「ハンドメイド」によるもの、としています。

テックアートは内装カスタムの強化を公表しており、たしかに近年発表する車はどれも内装に力が入っていて、特にポルシェのチューンではその傾向が顕著。
これまで発表してきた(最近のテックアートによる)チューンドカーはいずれも各種スイッチ類やトリムなどをボディカラー同色やアクセントカラーにペイントしており、かなりか「カスタム感」が感じられるものに。

なお今回の「Techart Magnum Sport ‘Edition 30 Years’」についてはカイエン(ベースモデル)、カイエンS、カイエンGTS、カイエン・ターボ、カイエン・ターボS」、カイエンS Eハイブリッドすべてのモデルに対応する、とのこと。

ボンネットのエアスクープについてはアクセントカラーがホワイトのもの、レッドのものが公開されていますね。
最近は他のモデルでの用意が亡くなりましたが、テックアートらしい「ヘッドライトリング(ベゼル)」も装着されています。

マフラーエンドはカーボン製スリーブ付き。

内装は大きく変更。
カーボン製パーツに加え、レザーやペイントが効果的に用いられているように思います。
レッドのアクセントが素晴らしいですね。

こちらは別バージョン。
上が「ブラック、レッド、ホワイト」の3色であるのに対し、こちらは「ブラックとレッド」の二色構成。

関連投稿:マンソリーのカスタマイゼーションプログラムによるカイエンが発表

mansory_porsche_cayenne_1

テックアートに続き、マンソリーもカスタマイズ・プログラムを発足、
今回はカイエンを公開しています。

マンソリーでは、その技術を活かして内外装、パフォーマンスなど車全体をカスタムできるようですね。
外装ではフード、ロッカーパネル、ディフューザー、バンパー、そして23インチホイールなど。
なお、サスペンションは電子調整式で、40ミリ程度車高を下げることができるようです。

内装では、レザーはもちろんアルカンターラ、ウッド、アルミ、カーボンなど様々な素材の選択が可能。

エンジンについては570馬力から800馬力までチューンしており、0-100キロ加速はなんと3.9秒だそうです。

これからは既存車の個人向けパーソナリゼーションがチューナーにとっての大きなビジネスチャンスになりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ・カイエン関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.